テレビのリモコンが不調で新品が欲しい

昨日の新型パソコンに続き、欲しいモノリストで筆頭格に上がってくるのはズバリ!テレビリモコン。

どうも音量設定のところが接触不良なのである、

音声を大きくしようにの全く反応せず、もちろん小さく下げても無反応。

思いっきりボタンをゴリ押しすると3分以内で、辛うじてリモコン電波がとどきなんとかはなるのですが力が必要。

 

なんと純正のリモコンは案外高価なので、自力で直したいがそうは問屋が許さない。

そして純正リモコンは案外高いという困った点がある。

 

ちなみに筆者はソニーのテレビを使っているが純粋リモコンはざっと5000円。

困ったものである。なんとかならんのか?

 

そんな中、Amazonで調べているとソニー製の学習リモコンが3000円

ズバリこれを買えばいいのでないだろうか?

それにしても、全くわからん値段設定である。

 

そして昨日書いたパソコンの件であるが、中古パソコンにも案外掘り出し物がある。

少なくとも今のパソコンよりも高性能ならリーズナブルに買うのも吉。

パソコンというのは新品でも壊れる確率もあるのだから、中古でも悪くない。

ちなみに執筆に関しては現在使っているパソコンで十分ある。

 

も断捨離といいながら物欲が抑えられないという自己矛盾に悩んでいるところ。

お金がいくらあっても足りないという状況が実に悲しい。

「安物買いの銭失い」だけは絶対に避けなくてはいけないだけに、スペックなどの比較は本当に必要。

中古パソコンもできれば展示品くらいのモノでもいいのだが、あまり出回ることも無いだけに難しいか。

 

話は脱線したが元に戻ってリモコンである。

最近にリモコンは分解が容易ではないために、一度壊れると修理か買い替えになる。

もちろん修理なんてやったときには、リモコンが使えないのでテレビがつけっぱなしか消したままになると思う。

もちろん音量調整なんて高等技術ができるわけでもないので、必然的に買い替えということになるのだろう。

できれば街の電器修理屋があれば最高なのだけど、なかんか世間には存在しない職業なのだろう。

 

物欲とお金の問題は永遠に続くテーマなのに違いない。