相談する人がいない場合の対処法

日常生活をしていくとどうしても困ったことや悩むことがあります。

友達や知人に相談できればそれに越したことはないのですが、内容によっては相談が難しいこともあります。

しかし悩みを抱え込むとストレスがたまってきて精神的ダメージを受けてしまう可能性もあります。

これでは体が持ちません。

相談したくても相談できないというときの対処法について考えてみようと思います。

 

相談をするのもいろいろある

相談内容によって、手法を変えていくことが重要です。

例えば日常の些細な相談(それでも友達には話せない)は、全く会ったことのない人の意見がいいかもしれません。

最近は匿名の相談アプリなどがありますので、利用してみるのもいいかと。

ただ匿名アプリの欠点としては、否定的な意見や悪意ある言葉などが返ってくる可能性があります。

気軽に使える反面、効果がどうなるかわからないです。

 

他にはココナラというサービスで有料で相談を聞いてくれるという人を使ってみるのもいいでしょう。

またはLINE占いあたりで日頃から相談を仕事にしてる占い師を使う方法もあります。

まあ、占いに染まってしまうのはどうかと思う一面もありますが。

 

専門性が高い相談については、やはりその業界のスペシャリストに聞くというのが最速の方法です。

もちろん専門家も仕事なので、その相談をビジネスにしてくるのですが必要ないときは断りましょう。

これらの専門家は悩み事の内容を検索すれば、見つかるでしょう。

 

精神的な相談は、医者がベストだと思いますがカウンセラーという選択肢もあります。

カウンセラーも検索すれば近くのカウンセラーが見つかります。

実際、調べてみると結構多くのカウンセラーが見つかりました。

予算は1時間で4000円くらいが相場のようです。

 

相談したくてもなかなかできなくて困っている人は利用してみるのはどうでしょうか?

悩みを抱えすぎてダウンする前に解決してしまいましょう。