読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さすがに今日の時点で「WindowsXPどうしよう?」と相談されても

f:id:muralog:20090124204434j:plain

今日(4/8)に「WindowsXPをどうしたらいいのだ?」と聞かれた。
それもかなり前に「サポートが終了しますよ」と伝えていたのに、結局今日まで引きずっていた模様。

「早めに買い換えるか、Windows7なり8.1なりにバージョンアップするしかないですよね」としか言えなかった。先方も「それは当然だ」という意見で収まった。

早速、今日にもPCを買い換えるのかと思ったら思わぬ方向に話が飛んでしまった。

先方いわく「デスクトップにするか?一体型にするか?ノートパソコンにするか?」


個人的には「自分にとって使いやすいモノなら、特に何でも良いのでは?」と思ったが相手はそうは思わなかった。

 

なんと「どのメーカーの、どの機種にするか?を会議にかけて考える」らしい。

 

そんなことをしていたら、一ヶ月くらい経過してしまいまそうな予感がする。

そして遅れた理由が、何故かワタシのせいにされる嫌な予感もプンプンしている。
正直怖い。

 

でも世の中の会社で似たようなことが、今日起きていると思うとなんだか滑稽でもある。
それくらいWindowsXPが問題無く動く「いいOS」だったのだなと。

 

それに比べ今のWindows8.1は、どことなく使いづらい。
ただのデスクトップで使っていると、特にタッチパネルのご利益をあやかることも無い。
いろいろボタン配置も変わってしまったから、特にWindowsXPから乗り換えたら混乱するに違いない。

 

その結果、またワタシが悪いということで結論になりそう。
もういろいろ怖すぎる。

広告を非表示にする