読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人脈大好き人間の信用できない怪しさが一周回って面白くなってきた件

f:id:muralog:20140418163516j:plain

「いやぁ〜、本当に人脈は大事だよ。ホント」
そんなことをいう人脈大好き知人がいる。

なんというか人脈大好き人間に共通している点は、やたら「ギラギラ」としているところ。
あと「いい人感」「ビジネス臭」「何か利用してやろう感」というのもある。

そういうところが非常に苦手なのだが、最近は苦手が一周回って面白くなってきたのである。

何か「大物っぽい人」が出るパーティーなどには、必ずその人脈大好き人間が出没する。
そしてそのことがしっかりとFacebookに書いてあるのである。

真の人脈大好き人間になると「週末にこんなすごい集まりに参加しましたよ記事」だけではなく「朝から人脈作りやってます的な記事」がFacebookに書いてある。

 

面白く観察するためには、Facebookのイベントのページを確認する。
そうすると「それっぽいイベント」が載っているので、見てみると大体その人たちが既にエントリーをしている。
後は、その当日もしくは翌日あたりにFacebookを見ればしっかりとその人脈大好き記事を読むことができる。

 

そして彼らの共通する点としては、自撮り写真も大好きなところ。


ゴージャスな料理の前に、自撮り。
大物な人の隣に自撮り。
大勢を背景にして自撮り。

などなどパターンはいろいろあるが基本は自撮り。
本当に自分のことが大好きなのだろうなと思えてきて、面白くなってきてしまう。

 

仮にその人が女性だった場合は写真にしっかりとデコレーションをされている。
これは年齢を問わない。
ついでにスマホガラケー)もデコレーションされている率も高い。
名刺もキラキラしているし、写真もご丁寧についている。

 

とても怪しさ満載で信用できないのだが、どこかで「必死」な感じがしてします。
そこが面白い。
もはや何かの宗教なのかと思えるくらいに「人脈、人脈、人脈」なのである。
そしてその人たちは、だいたいいつも「パーティー」に出席しているから、同じ人脈大好き人間同士で探り合いをするのも見ていて面白い。

 

プロレスでいうなら、ゴングがなってプロレスラー同士が探り合いをしているような間合い感。
これもたまらない。
大物ならキラキラ名刺を出す、小物ならキラキラ名刺を出さない。
その見極めをやっているのを、少し離れた距離から見てみたいくらいである。

 

そんなことを考えなら、今日も「人脈大好き人間観察」をしていたい。

広告を非表示にする