早起きをしたのに二度寝。二度寝をしない方法を真剣に考えてみた

f:id:muralog:20140422105434j:plain

春眠暁を覚えず。
せっかく早起きをしたのに、二度寝してしまった。
それも連日のようにである。
もはや早起きに合っていないのではないのか?とすら思えてきてしまう。

これはなんとかしないといけない。
なので早起きで二度寝しない方法を真剣に考えてみました。

この方法しかない!

二度寝をする最大の原因は、起きたのにそのままの姿勢でボーッとしているからだと思う。
起きてトイレに行っても、ついついベッドに戻ってしまう。
そんな無意識でやってしまう行動が良くない。

 

起きたら「さっさとイスに座る」

 

この方法がベストだと思う。
イスに座ってさえすれば二度寝に陥ることは無い。
できればイスに座ってパソコンでも触っていれば確実だと思う。

夜にパソコンやスマホをいじることによって眠れないという説があるのならば、逆に朝にパソコンやスマホをいじれば目が覚めるということになるはず。
いや、きっとなると思う。

真冬ならなかなかベッドから出ることができないかもしれないが、これからのシーズンならそんなことはあるまい。
今こそがチャンス!
早起き習慣を作る最高のタイミングだと思う。

早起きしたらやることも考えることも重要

ただ早起きしてもボーッと何もしていなかったらダメ。
意味が無い!
やはり何かをやる目標を決めることが重要かと。
勉強系は寝起き直後だとなんだかボーッとしてしまいそうなので、ちょっと後のほうがいいのかもしれない。
何か手を動かす動作が一番いいのかも。
そうなるとブログを書くとかもいいかもしれない。

その後に勉強とかならさすがに目が覚めているはず。
ただ寝起き直後にブログを書こうと思ってもネタが思い浮かばないのもあるかと思う。
ある程度、前日にネタの下書きだけ書いておく必要があるかもしれない。

とにかく朝から「手を動かすこと」と「イスに座ること」が二度寝しない最強の方法だと思う。
まずは何でもいいから実践をしてみるのが大事なところ。