ゴールデンウィークに特にやることが無い人はどうしたらいいのか?

今週のお題ゴールデンウィーク2014」

f:id:muralog:20140504155910j:plain

ここ近年、毎年のように連休が自分にとっては「重い」。
年末年始・ゴールデンウィーク・夏休みなど、人々がハッピーな日になると気が重い。
なぜならば「特にやることが無いから」である。

 

「さあ!ゴールデンウィークだから海外へ」なんて夢にも思うことが無い。
国内旅行だって同じである。
恋人がいないのも原因のひとつかもしれないが、どうしても連休になると何をやったらいいかわからなくなるのである。

 

明確な趣味というものも無い。

 

趣味を探そうとするのだが、どれもなかなか「ハマる」ことができない。
飽き性とかそういう意味でも無いと思う。
もしかしたら、どれかにチャレンジしたら「ハマる」のかもしれない。
でもそのチャレンジをするかどうかで既に迷ってしまうのである。

 

よって休日が本当に「休日」になってしまう。
まるで病人のリハビリのごとく、家で安静である。

 

あえて言うが自分はコミュ障でない。
実際、自分がコミュニティを運営していてオフ会も開いている。
そのときだって別にオドオドしたことなんて無い。

 

だがしかし深層心理的に「人といっしょにいることが苦手」もしくは「ひとりで居ることに慣れすぎた」のかもしれない。

 

やはり「趣味」を持っていたほうが連休を楽しむことができるのであろう。
ひとり好きのワタシにピッタリな趣味というは何だろうと思ってしまう。

 

ひとりでなんとかなる趣味と言えば「釣り」「写真」「映画鑑賞」「読書」などいろいろある。
もちろん「ネット鑑賞」だって趣味になるだろうが、日頃からネットばかり見ていると「休日も同じなのかよ!」と自分でも思ってしまう。

「写真」はなんとなくカッコイイが、かっこ悪い自分がカメラを持つと「警察の事案」になって冤罪になってしまうかもしれない。
ちなみに「鉄道」「飛行機」というのは、あまり興味が無い。

 

「釣り」もなかなかいいのだが、釣った魚をどうしたらいいのかわからない。
そもそも竿や重りなどの仕様についても勉強しないといけない。
気軽にできると思いきやそうでも内容である。

 

「映画鑑賞」「読書」も自宅でWOWOWやレンタルなどでできてしまうため、連休向きかというと自分的にはNOである。
どちらかというと週末向きな趣味なのかもしれない。

 

ぶっちゃけ「モテる」趣味のほうが将来的にもいいのだろう。
そうなると「ギター」とか「サーフィン」のほうが良さげである。

だがワタシは音感も無いし、運動音痴である。
ついでに音痴である。
いいところが自分でも見つからない。

 

「登山」や「旅行」「温泉」なんて一人行動をしたら、パッと見で自殺志願者と間違えられてしまうかもしれない。
「プログラミング」「電子工作」というのも魅力的であるが、それこそ本当に外に出なくなってしまう。

 

「グルメ」というのもあるが、一人で店に入ることができない。
「カラオケ」は音痴であるし、ヒトカラも当然できない。

 

世間は何をやっているのだろうとFacebookを見ると、見事に嫌みなくらいに「旅行」&「グルメ」である。
それどころか「ゴールデンウィークでも仕事してる俺は凄い(ドヤ顔)」みたいな投稿もある。
こんなものは見ない方が良い。

 

ただなんとなく今年もゴールデンウィークが終わってしまう。
おそらく、ただなんとなく今年が終わるのだろうなと年末の予想すらできてしまう。

 

でも、あえて無理して何かをしなくてもいいのかなとも思えてくる。
自分のやりたいことを最も大事にしたほうがいいわけであって、自分はこうやってのほほんと生きているのが好きなのだろうと。
無理をして疲れるのも「ちょっと嫌だなぁ」なんて思う人間がいたって、別に問題無いであろうかと思う。

広告を非表示にする