会社にボロボロにされない方法

f:id:muralog:20140513165105j:plain

かなりの割合で会社にボロボロにされる人がいる。
うつ病になってしまったり、次の会社への転職が怖くてなかなかできなかったり。
やっぱりそうならないためにも、自らが防御をする必要がある。

基本は会社に深入りしない

一番まず最初に大事なことは会社にどっぷり浸からないことである。
完全な会社人間(社畜)になってしまうと、もし会社側から何かショッキングなことを行われたときに一気にボロボロになってしまう。
たしかにコミュニケーションは必要であるが、深入りしてはいけない。
ある程度のドライな感覚こそが大事。
企業側だって従来の日本型経営ではなく、欧米型経営を目指していたりするのだから。

断ることを忘れずに

ついつい仕事を受けすぎてしまって、自分のキャパシティーを超えてつぶれる人がいる。
できない量であることがわかっているのであらば、何を言われようが断るべきである。
もしくは空いている社員に仕事を振るということも大事。
期限ギリギリになって仕事ができませんでしたでは、絶対に自分がピンチになるに決まっている。
「潰れない自分」を作るためにも、できない仕事は断るの精神は必要。

ときどき休む

ときどき休暇をとることも大事。
やっぱりずっと働き続けるというのは、じわりじわりと精神的なダメージを負うことになる。
日本の企業は休暇を取りにくいといわれているが、それでもやっぱり休むことが必要なのである。
なるべくは定期的に休んで、自分を労ること。

 

これらをなんとかできれば少なくとも「ボロボロ」までにはされないと思います。
会社は自己主張をしないと、どんどん仕事が自分のところに来ます。
もちろん全てを片付けることができればいいのでしょうが、無理をし続けると自分が潰れてしまいます。
そうならないためにも「健康的」な意味で上述の方法を実践してみるのもいいかと思います。

広告を非表示にする