読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大泣きしている政務費疑惑の兵庫県議を見ていたら、今年は話題の人が豊漁だと気づいた

f:id:muralog:20140702194651j:plain

もう7月か・・・なんて思いながら朝のニュースを見ていた。
そうしたら「うわぁぁぁぁぁぁぁ、ごの世をぐわぇだい一心でぇぇぇぇぇ」と顔をクシャクシャにして叫んでいる男の姿がテレビに映った。

はて、まだワタシは寝ぼけているのか?こんな男をテレビが映すわけがない。

だがワタシが見ていた映像は、まさに7/1に行われた兵庫県議の政務費不正疑惑の記者会見であったのである。

そしてワタシは思った。
間違いなくこの人は世間で相当に話題になる(すでになっているのだが)。

誰が見てもおかしい。
おかしいというか放送禁止レベルの精神崩壊である(演技の可能性もあるが)。

今年は話題の人が豊漁

思えば今年は毎月どころか2週間に1人くらい話題の人が出てくる。
それは本人が希望しているわけではないのだが、世間が見れば話題にせずにはいられないのである。
ちょっとしたアイドル志望の女子が見たら「ムキー!!!」となるかもしれないくらい、たった1日で有名人になるわけである。

佐村河内、ゴーストライター新垣さん、小保方さん、アグリフーズの農薬の海軍のオッサン、3Dプリンタで銃を作った人、Yahoo!チャット万歳の男、熊手の渡辺喜美、マウントゴックスの外人社長、ゆうちゃん、ASKA(もともと超有名人だが)、セクハラ問題の塩村都議、セクハラ発言の鈴木都議などなど・・・。
あ、あと泥酔事件の明治大学生もいたね。

おそらくまだまだ話題の人もいたはず(いいことで話題になった人も)。
まるで去年の話のように思えてしまうが、これはみんな2014年の話題である。

そして下半期になったとたんに、新たなる新星である大泣き兵庫県議。
もうこの世の中は、またもや世紀末にでもなったのではないかと思えてしまうくらいのカオス。
ラオウもビックリするくらいの混沌とした時代ではありませんか。

美味しいものは美しい。麺のうまさと美しさをご堪能ください

それはラ王。

明日は我が身なのか?

犯罪を犯した人は別として、誰がいきなり話題の人になるかわからなくなってきた。
自分が想像もしていなかったことで、明日には話題の人になっているのかもしれない。

昔は話題の人といえば、ロス疑惑の三浦さんとか麻原彰晃ユリ・ゲラーみたいになんとなくミステリアスな面もあった。
でもここ最近の話題の人は「突然のように現れ、突然のように去って行く」月光仮面のようなタイプである。

それもミステリアスな部分というのはほとんどなく、大体は3日くらいで全てと言ってもいいくらいに情報が出てくる。
ほとんどのタイプが何らかの「インパクトある絵」があるわけで、そこらへんが共通するところかもしれない。

 実はこの状況は楽しみで仕方がない。
ゲスいと思われるかもしれないが、楽しみなのだからどうにもならないのである。

下手に難しいニュースなんかを見るよりも、こんな話題の人が次から次へと出てくるほうが毎日が楽しみになる。

ああ、明日もまた新たなスターが生まれないかな。

広告を非表示にする