読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の中で「エイヒレ」がブレイク中。エイヒレ愛が止まらない

f:id:muralog:20100114104542j:plain

最近、ずっと晩酌のつまみとして「エイヒレ」を食べ続けています。
もちろん居酒屋のエイヒレも大好きですし、コンビニで売っている「おつまみエイヒレ」も大好きです。
昔はポテチとかを食っていたのですが、やはりポテチはダイエット的によろしくないというかズバリ太るわけですよ。
そんなわけでポテチよりは多少はマシであろうということで、好きなエイヒレを食べております。

とまらないエイヒレブーム

エイヒレは、ポテチやかっぱえびせんと同じように「やめられない止まらない」という感じが素敵!
しっかりと七味とマヨネーズをつけちゃっていたりするので、ヘルシーというわけではありません。
だけどマヨ効果があるのか、ついつい食べても食べても手が伸びてしまいます。

ビールでも日本酒でも焼酎でもお茶でも何でも飲み物に合います。
だからこそ常に手元に置いておきたいおつまみでございます。

本格的なエイヒレなら、軽く炙って食べるのがベストでしょう。
少し焦げ目がついたあたりがもうなんというか格別なわけです。
パリッとしたかと思えば、肉の部分でふわっとしてきて味がジワーッとしみてくる。

もう最高ですよ。

マヨネーズ以外のトッピングも

エイヒレといえば七味マヨネーズをつけるのが、よくある組み合わせですが他にもいろいろチャレンジできます。

ソース&マヨ
しょうゆ&マヨ
ペッパー&マヨ
マヨ
マヨ
マヨ
・・・・マヨ

どんだけマヨが好きなんだよ!とツッコまれそうなので、これくらいにしますがタルタルソースあたりも合いそうな予感。

さきいかでも無い!スルメでも無い!エイヒレだ!

 勝手な思い込みなのは間違いないのですが、エイヒレを食べている姿にはある種の哀愁が漂うのですよ。
さきいかを食べている人から出てくる哀愁とはまた違って、どことなくはかなさを感じる哀愁なわけなんですよ。
この哀愁感がまたたまらない!

「ああ、俺って確実にぼっちだよな・・・」

なんて思いながらチビチビとビールを飲む。

もうこの姿に自分が酔ってしまうくらいに悲しい酒ができるのですよ。
背徳感と哀愁と虚無を感じながら自分に酔う酒も結構味わいがあっていいのです。

そう思うとまたエイヒレが食べたくなってきた・・・
買いに行ってこようっと。

広告を非表示にする