特別警報レベルの台風8号が日本に接近。じゃあ、どうすればいいのか?対策を考えてみた

f:id:muralog:20140707192811j:plain

特別警報レベルの台風8号が日本に接近してきている。
特別警報っていうくらいなのだから当然のように「普段の台風」とはわけが違う。
ところで特別警報って?どんなレベルのことだろう?

 

気象庁は、平成25年8月30日(金)に「特別警報」の運用を開始しました。

「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。

気象庁はこれまで、大雨、地震津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。

特 別警報が対象とする現象は、18,000人以上の死者・行方不明者を出した東日本大震災における大津波や、我が国の観測史上最高の潮位を記録し、 5,000人以上の死者・行方不明者を出した「伊勢湾台風」の高潮、紀伊半島に甚大な被害をもたらし、100人近い死者・行方不明者を出した「平成23年 台風第12号」の豪雨等が該当します。

気象庁 | 特別警報について

要するに今回の台風8号はあの「伊勢湾台風」や「台風12号(平成23年)」レベルのとんでもない奴だということ。
梅雨前線の影響もあるでしょうから、台風が離れていても豪雨や竜巻が起きる可能性だってあるわけです。

これはヤバい

7月の初旬にして、この「特別警報」レベルの台風が登場ということで今後も何が起きるかわからない。
これから夏になり海水温が上昇すると台風の勢力が強くなるので、うっかり油断した行動を取ると命取りになってしまうかも?
自然災害は毎年毎年日本を襲っていますが、できる限り巻き込まれないように生きたいものです。

まあ、当然の話としては台風が来ているとき外に出かけるというのはダメでしょう。
社畜の人も台風が来ているときに、外に出歩いて負傷・死亡なんてしたら社長さんが泣くよ!

とりあえずコロッケを用意してもダメだぞ!

台風のときに事前に対策をしておくとしたら、「ベランダや玄関などに置いてあるモノを自宅の中に入れておく」ことが大事だと思うわけです。
うっかりベランダにモノを置きっぱなしにして台風を迎えたら、それが凶器となって外に居る人や近隣の家などにぶつかって危険この上ない。

最低限のマナーとして、「ベランダや玄関などに置いてあるモノを自宅の中に入れておく」こと!

そして傘がぶっ壊れたからといって、外に捨てるのだけで絶対ダメですぞ。
あれは本当に凶器になって襲ってくるので、ホントにダメ!

というわけで、沖縄・九州地方の方は特に今回の台風8号は要警戒です。
まずは命を守る行動をしましょう!

広告を非表示にする