急な飲み会の断り方

f:id:muralog:20140708200823j:plain

「今日の夜は何してるの?」
「今晩は・・・特に何も無いですね」
「じゃあ、飲みに行こうか」
ぐぬぬ・・・」

急に当日に飲み会を誘われて、うっかり返事をしてしまって参加しないといけないということがあります。
相手によっては「マジかよ・・行きたくねぇ〜」となるわけです。

どうやったらこの状況をうまく回避できるか考えてみました。

基本的に夜は空いていない

やはり「今日の夜は何してる?」と問いに対して、「空いている」と答えた時点で話は決まっている状況です。
だからやはり「基本的に夜は空いていない」というスタンスで接するのがベストです。

でもついうっかり条件反射的に「空いてます」と言ってしまうということがあります。
そうなってしまうと、次に来る言葉は「じゃあ、飲みに行けるね?」となってしまうわけです。

そんなときには、やはり次の言葉で行けないアピールをしたいところ。
しかし「時間は空いている」のだから、言葉選びを慎重にしないとトラブルになりかねません。

使える言葉はこれしかない

飲みに誘われたときに使える言葉として、ベストだと思ったのがこれです!

「行きたいのですが実はγ-GTPの数値が悪くてドクターストップなんですよ」

別にいいじゃないかとゴリ押ししてくる人もいるかもしれませんが、そんなときでも「ドクターストップなので」と何度も言えばいずれ諦めてくれるでしょう。

この言葉を使った際には、くれぐれも10日くらいは飲みに出歩かないこと。
うっかり飲みに行っているという情報が相手の耳に入ったら、大変なことになってしまいます。

他にも使えそうな言葉もありそうですが、絶対自分にブーメランとなって戻ってくるようなことにならないようご注意を!