若者の結婚離れが増加中というが、その原因はたった1つ「お金」だ!

f:id:muralog:20140714194501j:plain

結婚しない人がすごく増えているらしい。
厚生労働省が発表しているグラフを見ても右肩下がりである。
若者どころか中年も結婚していないような状況になっている。

どうして結婚しないのか?
いろいろ原因があるだろうが、やっぱり最大の原因は「お金」だと思う。

出会いとかよりもお金

そもそも男女の出会いが無いと嘆いている方もいるだろうけど、その気になれば出会いというのはいくらでもある。
それこそお金さえあれば、なんとでもなる。

「お金だけが全てじゃない」という意見もあるが、「結局は金だった」という意見もある。
「金の切れ目が縁の切れ目」という残酷な言葉もある。

付き合うだけなら、そんなにお金のことを考えなくてもいいかもしれない。
ひたすらまっすぐに愛を信じ合うのができるのは、付き合っているときだからこそ。

これが一変、結婚をするという話になると愛だけではどうにもならないのである。
結婚するというのなら、やはり女子は結婚式はしたいだろう。
この結婚式というのがまずはお金がかかる。
ブライダル業界はボッタクリじゃないのかと思えてくるくらいの見積書が出てくる。

ここで半数くらいの人が崩れ落ちていく。
いきなり見る衝撃的な金額が夢をも打ち砕く。

結婚式をあきらめてみる

現実をみつめて「結婚式をあきらめる」という選択肢を選ぶ人もいるだろう。
だがしかし、それだからといって「お金」の問題からは決して逃れることはできない。

夫婦になるということは、当然のように生活費が上がることになる。
もちろん共働きをすれば特に問題も無いのであるが、奥さんが妊娠をしてしまった場合どうなるだろう?

まだまだ日本企業では産休制度がうまくいっていないと言われている。
妊娠をしてしまうと共働きなら収入が下がり、出産費用もかかってくる。
もちろん出産後の子育て費用だって、子どもが成人するまで必要になる。

そんなことをふと想像してしまうと、結婚から尻込みをしてしまう人もいるに違いない。

生活が安定している保証が無い

そもそも自分自身の収入が絶対的に安心と思える人は、公務員以外は少ないと思う。
どんな大企業でもリストラを行っているし、急速に業績が悪化して倒産してしまう可能性だってある。

すなわち「明るい未来」が想像できない。

いったいどこに自分の明るい未来があるのか?
そう疑問をもってしまうと結婚という行為をしようと思ってもできない。

自分が生きていくだけでも精一杯なのに、家族を抱えるなんてもう夢のまた夢。
展開が読めない生き方では、現状を維持することだけでも大変なのである。

結局、お金が最大の問題

このいろいろな悩みの全てが「お金」さえあれば解決できる。
逆をいえば「お金」が無い限りは苦労をする。

その苦労をあえて受けて立つように結婚をしなくてはいけない。
おそらく結婚後の人生は波瀾万丈なのだろう。
それを夫婦愛で解決しなくてはいけないし、逆風に負けないように生きていく。

そう思うとまずは「お金」の問題をどうやってクリアするか?
または諸問題に負けない絆を作るか?ということが重要なのだろうと思う。

結婚って難しい・・・