物事を実践をするときの誘惑をいかにして絶つかを考えてみた

f:id:muralog:20140721194545j:plain

仕事でも勉強でも掃除でもとにかくやらなきゃいけないというときに、どういうわけか不思議と誘惑が襲ってきます。
例えば掃除でもしようかなと思った矢先に、なんとなくテレビ番組を見てしまって、気がついたら何もできていないなんて状況。

ワタシも昔から勉強しようとすると、不思議と片付けを始めてしまって肝心な勉強時間が減ってしまうという失敗があります。

このなんともいえない邪魔な誘惑をいかにして絶つか?

その問題が解決するだけで人生が相当捗るような気もします。
どうやったらそれができるのだろうか真剣に考えてみました。

テレビとネットサーフィンは確実に悪い誘惑

誘惑の中でも二大巨頭といえるのが、テレビとネットだと思います。
テレビの問題なところは、こっちが何かにとりかかろうというときに限って不思議と見てしまう放送が行われること。

確実にこの問題を解決するためにはテレビのスイッチをオフにするということでしょう。
そうしないとついついうっかり見てしまって本線から脱線してしまいます。

見たい番組は録画するなどして、テレビのスイッチのつけっぱなしを無くしましょう。
たぶんこれができるだけで、この誘惑問題の3割くらいは解決するかもしれません。

何か音が聞こえないと寂しいという方は、ラジオや音楽を流すことをオススメします。

いままでずっとテレビのスイッチをオンにしていた人にとって、テレビの画面が映っていることが当たり前になっています。
その習慣をまず見つめ直すことこそが自分を変えるチャンスにもなるのではないでしょうか。

 

そしてもうひとつの問題がネットサーフィン問題。
これは本当にやっかいで、メールを見ただけでもそこから気がついたらどこかのWebサイトを見ていたり、なんとなくWebサイトを見ているつもりが数時間も経ってしまっていたということがあります。

特にパソコンで何かの作業をやるというときに、ついついネットを見てしまうというパターンが大半だと思います。
パソコンでの作業中だけネットを遮断するというのは、あまりにも現実的ではなく、ネットを見てしまうのは避けられない状況ではないでしょうか。

ダラダラ見てしまうことが問題だということを考えると、例えばWebサイトを1ページ見たら次のリンクは踏まないというポリシーを持つのがいいかもしれません。

極力リンクを踏まない。

これだけを念頭におくだけで、ある程度のWeb閲覧時間を減らすことができるかもしれません。

もちろんパソコンを使わない作業のときならば、パソコンやタブレットの電源をオフにして使えないようにしてしまったほうが楽でしょう。

さすがにスマホの電源を切るのは、電話としての機能が使えなくなってしまうのでよくないと思います。
ただメールやLINEなどには反応しないという考えはありではないでしょうか?

 

これらの2つのことを実践してみるだけで、作業スピードも上がって何かと捗るような気もします。
今までの悪い習慣を絶つことこそが、新しい自分へのスタートになるのではないでしょうか。

広告を非表示にする