壁にぶつかったときや悩んでいるとき。あなたへの答えは本屋にある。これが対処法。

f:id:muralog:20140722185349j:plain

本当に壁にぶつかって何をやったらわからないこととかってあります。
人に相談するとかネットで相談するというのもありますが、案外自分の求めていた答えと違ってガックリすることがあるかと思います。

それはなぜかというと「求めている答え」というのが自分自身にあるわけです。
本当は自分の頭の中で、こうやったらいいという答えはあるのですがそれを後押ししてくれる回答が欲しいというわけです。

またこうやるべきだという答えがあるけど、どのような段取り・手順で行動を行えばいいのかがわからないということだと思います。

人は悩んでいるとき、実は答えがうっすらと見えているのではないかという推測があります。

本当に答えがわからないというときは、あまりの悩みのために行動が止まるのではないでしょうか。

いわゆる「詰む」という形になってしまうということです。

答えは寺や教会じゃない本屋・図書館だ

悩んだときに行くべき場所として思いつくのは、寺・神社・教会あとは占いとかじゃないでしょうか。
もしくは親友・すごく立派な人なんかもあるかもしれません。
もちろんこれらに相談することは間違いでは無いでしょう。

いい答えというのが出てくることだってあります。
しかし前述したように実際には自分の中で答えができあがっていることのほうが多いと思います。

それならばもっと気楽に行ける場所に行けばいい。

その場所こそが本屋・図書館であると。

特に本屋には、今の世間での悩み事になっている内容なんかが既に書籍化されていたりするわけです。
それにちょっとした悩み事なら、大体は世間の人たちも同じような経験をしているわけです。

となるとそれはもう既に書籍化されています。
あとは本を買って読んで、それを実践してやればいいのです。

実に単純明快なことです。

悩みがあるなら本屋に行って、そしてテーマに合った本を読むだけ。
それでほとんどの悩みは解決するでしょう。

悩んで悩んで精神を壊す前に、本屋に向かえばいいだけなのです。

よっぽどのレアな悩み以外なら、なんとかなるものです。

 

もし今、何かに悩んでいるのなら思い切って本屋に向かってみてください。
きっと予想外のいい仕事をしてくれると思います。
本屋で偶然に出会う書籍が運命を変えたという話は結構あります。
もしかしたら、あなたもそうなるのかもしれません。

出版不況と言われていますが、本屋も違う使いかたで考えてみればまだまだ全然使える施設です。
まずは実践をおすすめします。