読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身生活における家事の分担そして効率化生活への道

f:id:muralog:20140722203701j:plain

独身生活において案外家事という行動が結構な時間の割合を持っている。
家事を全くしないと基本的には「ゴミ屋敷のぐうたら人間」となってしまう。
仕事でクタクタになっても、家には誰もいない独身者にとって家事を分担することは果たして可能なのか?

答えはイエスである。
もちろんいくらかのコストはかかるが、時間的拘束度に関しては破格に減らすことも可能。
この方法をしっておけば、ぐうたらな自分でも家事の煩わしさから解放されること間違いなし。
まさに効率化された生活を送り、仕事に専念することが可能なのである。

いっさいを機械化してみる

家事自体を機械化してみることによって、自分の労力および家事時間を短縮することが可能である。
現在の家電市場には様々な便利家電がある。
それを利用しない手は無い。

まずは家事の中でも何かと手がかかる洗濯であるが、これはもう乾燥機付きの洗濯機を導入することで、後は畳むだけということができる。
いちいち干すという作業がなくなるだけでも楽なのは間違いない。

 

 ただ衣類によっては乾燥後、シワシワになってしまうことがあるので要注意である。

 

そして次に面倒な家事といえば掃除。
これはもうおなじみのロボット掃除機に任せるのが一番。自分はせいぜい隅っこのゴミをハンディタイプの掃除機で吸い取るくらいでちょうどいい。

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 780

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 780

 

 

最近は床拭きロボットまで登場しているのだから、これはもう買うしかない。
これで掃除は、ロボットが使えない床以外の場所に専念するだけである。

 

そして面倒な家事といえば皿洗いである。
皿洗いをする時間も短縮したいのであるならば、もちろん食洗機を買うべき。
これがあればかなりの時短になる。

 

 これらがあれば、面倒な家事を機械に分担することが可能となる。
だがしかし、さすがにこれらを買うコストというのが悩みである。
コストのことを考えると腰が引けてしまうという人だっているだろう。

そんなひとたちのために、まだまだ他の手段もある。

家事サービスでお気楽ライフ

世の中には家事に関するサービスというのが結構多くある。
掃除関係でいえばダスキンが家事代行サービスというのをやっている。
掃除に関してはプロであるのはお墨付きなのだから、任したときにはきっと完璧な掃除が期待できる。

それどころか洗濯も食器洗いも買い物代行も頼めてしまうのである。

家事おてつだいサービス | 家事おてつだいサービス | ダスキン

独身者にとっては家事はアウトソーシングする時代なのかもしれない。

アウトそーソングした分だけ自分は仕事や趣味に専念をして、充実した一日を過ごすというのも悪くない。

もちろんコストがかかるのは当然であるが・・・。

 

独身者は基本的には家事はひとりで全てをこなさないといけない。
これはもう宿命であり、どうしようもない。
だが、家事が貯まりまくってどうしようもないときにはアウトソーシングや機械化を検討してみるのはありだと思う。
それによって、自分がやるべきことを集中してやることができれば、それらのコストをきっと上回るパフォーマンスを出してくれることであろう。

 

トピック「家事」について

広告を非表示にする