読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国期限切れ鶏肉問題に思う。そろそろ中国企業と縁を切って日本に回帰してみては?

f:id:muralog:20140723142832j:plain

なんかありそうだなと誰もが思っていたことが、ようやく世間にバレたということなのだろう。
中国の食品加工会社が使用期限超の食材を流通させていたようである。

工場従業員「死にはしない」 期限切れ肉、長年使用か:朝日新聞デジタル

「死にはしない」というのが工場従業員の言葉にあるようだが、こんなの食わされる立場になったらたまったものではない。
ギリギリ死ななかっただけで、きっと体調を崩している人がいるに違いない。
ただそれがファストフード店で食べた「それ」であるかがわからないだけで・・・。

おそらく中国の人々の中には、安全性よりもお金のほうが大事という拝金主義が蔓延しているのだろう。
今回の事件は内部告発でわかったようだが、それでも数年前から行われていたようである。

すなわち経営者だけでなく従業員も同罪ではないだろうか。

コストも大事かもしれないが品質こそ大事

日本企業は長らくコスト重視の姿勢で経営をしてきたと思う。
その結果、飲食業界ではコストが安い中国製の食材が流通した。
おかげでお客は安い価格で手に入れることができるようになった。

だがしかし、その結果が安全性が無視された危険な食材を加工したものを食べるということになった。

最近は消費税増税に便乗したのか「品質向上のため価格を上げさせていただきます」などという言葉も見たが、結果がこの中国期限切れ問題である。

本当に品質を向上させたいのなら、思い切って中国工場との取引というのを止めてみるのはどうだろうか?

中国の人件費も上昇しているのだから、このタイミングで中国とはサヨナラをするのも決して悪い判断ではないと思う。

そして日本国内でもう一度、安心安全な食品作りに取り組むべきではないか?

確かに人件費は上がるかもしれないが、品質に対する安心感は得られる。
それこそが付加価値となり、商品の価格が上がっても買いたくなるのでは?

外国に工場を持たなくても国内でできる

カントリーリスクのある外国での生産よりも、国内でまかなったほうが雇用の拡大にもなる。
もちろん国内の工場で外国人の従業員を雇うことに関しては文句は無い。
問題なのは中国などの安全意識が薄い地域への工場の進出である。

中国は食品だけでなく、例えば雑貨や子供用のおもちゃなどに鉛が見つかったという事例もある。
とにかく「どんなものでも売れればいい」という思想なのだから、安全なんて二の次どころかそもそも無いのかもしれない。

わざわざそんなところに食品の加工を任せるなんて、愚かとしか言いようがない。
もし偽装などの問題がバレたら、自分の企業イメージが地の底に落ちるということを想像しないのだろうか?

マックとファミマ、鶏肉商品一部販売中止 期限切れ報道:朝日新聞デジタル

話題になっている二社以外にもきっとあるだろうし、どうせみんなが謝罪した瞬間に同時に謝罪して誤魔化そうという魂胆なのだろう。

思い出して欲しい、食品偽装問題が起きたときも次々と謝罪のタイミングを合わせてうまく逃げ切ろうとしてきた企業があることを。

最初に報道された企業だけがまともに影響を受けるだけであって、うまく問題から逃げ切る企業もあったことを忘れてはいけない。

安けりゃ何でもいいのか?

「安けりゃいい」という考えこそが「ブラック企業問題」にもつながる深い闇だと思う。

人間も食材も部品も「安けりゃいい」という発想は、危険と隣り合わせであるということなのだろう。
実際に「安さ」をウリにしていた企業の業績が下がり始めている。多くの人が「安さ」の背景にある闇やリスクについて、薄々わかりつつあるのではないだろうか?

だからブラック企業が話題になり、それらの企業で人手不足になったりしている。
そして中国製を使っている飲食店では、客離れも起きつつある。

おそらく今回の事件は中国食材に関してとどめを刺したと思う。
あの青くカビがびっしりと付いた鶏肉の映像を見てしまった以上は、もう中国製と聞いただけで嫌悪感が起きるに違いない。
仮にどんなに安くてもあの「青い肉」を想像してしまう。

結果、中国企業に仕事を任すことができないと思うのが冷静な経営者の考えだろう。

【期限切れ鶏肉】「中国で信頼できる相手探す」、ファミマ社長 - MSN産経ニュース

「中国で信頼できる相手を探す」・・・そんなのいるかな?

まだまだ中国に頼りたいという考えはいったいどこから沸いてくるのだろうか?
こんなことがあっても中国がいいのか?
普通に考えたら「中国製を使うなら行かない」という選択肢が起きるかも?と思わないのだろうか。

いくら商品が安くてもクズどころか猛毒だったら誰も買わない。
そこに気がついてくれる経営者がもっと日本に増えてくれることを熱望するしかない。

別に高級品じゃなくていいから、中間的な商品で問題ないのでは?
日本人経営者まで中国人の発想になってしまったら、世の中は真っ暗である。

広告を非表示にする