『GODZILLA ゴジラ』を見てきました!そしてその感想・レビュー

f:id:muralog:20140726163631j:plain

ついに新作の『GODZILLA ゴジラ』を観に行ってきました。
公開初日の7月25日は初代ゴジラの芹沢博士の役をやっていた平田昭彦氏の命日ということもあって、『GODZILLA ゴジラ』の宣伝も派手にやっていました。
ワタシもかなりのゴジラファンなので、相当期待をしておりました。

「今回の作品はエメリッヒ版GODZILLAとは全然違う」というわずかに伝わっていた情報を信じて観に来ました。

果たして今回の『GODZILLA ゴジラ』はどうだったのか?
限りなくネタバレをしないように注意をしながら感想・レビューをしてみたいと思います。

公開初日のお客さんの入りは微妙

公開初日の夜の3Dの回を観に行ったのですが、ざっと客席を見渡したところ中央にお客さんがいるのみで、前列や左右の列はお客さんがいなかったです。
結構な満席くらいになっているかと思ったのですが、そこが残念なところ。

これは前回のエメリッヒ版GODZILLAの悪夢が影響しているのか!?

そうこうしているうちに始まった『GODZILLA ゴジラ』ですが、全編に「核」に対する思いというのが詰め込まれてます。
そこに気がついたとき「あっ、この監督はちゃんとゴジラ見ているな」と安心しました。

ただ日本の家が古民家テイストな家と高層ビルというメチャクチャな組み合わせになっていたところは残念。
あと原発のシーンが出てくるのですが、とりあえず富士山らしき山を配置するのもちょっと・・・。
ついでに原発の形も円筒形なので、日本には無いタイプですね。

そして「世界のワタナベ」こと渡辺謙が演ずる芹沢博士!
ズバリ!初代の芹沢博士と比べてはいけません。
今回の芹沢博士はゴジラと戦うというよりは、ひたすらオロオロするというタイプの人です。

ちなみに初代ゴジラの芹沢博士は芹沢大助。
今回の芹沢博士は芹沢猪四郎。

別人だと思って正解です。
オキシジェンデストロイヤーなんて作りません。

自衛隊はボコボコにやられていたが米軍は?

昭和・平成のゴジラシリーズでゴジラを含む様々な怪獣・宇宙人と戦っていた日本の自衛隊
ときには対怪獣用のスーパー兵器を使ってゴジラらと戦っていました。
そしてみなさんご存じのように大苦戦を強いられます。

今回の『GODZILLA ゴジラ』では、誰もが認める世界最強のアメリカ軍が相手です。
最新兵器を多く持つ「世界の警察」アメリカ軍はどうだったのか?

結果的にいうと日本の自衛隊よりも大苦戦してしまいます。
理由は怪獣がデカ過ぎるというのもありますが、大苦戦する理由というのが別にあります。
これは劇場に行ってのお楽しみです。

ほぼ絶望視かない状況下での、人々の生存をかけた戦いというのが見どころです。

そしてゴジラは・・・

ゴジラの様子はどうだったのかが気になるところでしょう。
エメリッヒ版ゴジラのように戦闘ヘリに追いかけられながら、猛ダッシュで逃げるようなゴジラ・・・。
ミサイル1発でKOされるゴジラ・・・。

そんなのではありません。
かなり重厚感を増してますが、日本人が思っているゴジラです。
鳴き声もあのゴジラです。
しっぽ攻撃とかかみつき攻撃とかしちゃいます。

そして・・・アレをやります。
今回こそはアレをやります。

 

ゴジラの描き方を見ても、かなり日本の作品に敬意を示している感じですし、これは続編あるなという感じでもあります。
率直な意見として「これでは、日本でゴジラ作品が作れなくなるぞ」と思うくらいのスケールの大きいゴジラ作品です。

今回の『GODZILLA ゴジラ』は映画館で観に行っても大丈夫です!
安心して観に行ってください!

 

トピック「GODZILLA」について

広告を非表示にする