だいたい初対面で感じがいい人は、将来に嫌な奴になるか敵になるという説

f:id:muralog:20140729144528j:plain

これはもう個人的な見解以外何物でもないのですが、初対面ですごく優しいというか「いい人」だと思う人に限って、将来すごく苦手な人になるのですよ。
この初対面ですごくいい人が変貌していくにもいくつかパターンがあります。
でも結果としては嫌な人になるか敵レベルの嫌いな人になります。

逆に最初はあまり印象が無かったり、良くない印象の人のほうが後々に「いい人」に思えてくる。

似たような経験された方っていませんかね?
ワタシは今まで生きてきた中で数少ない教訓みたいなモノとして、このことをいつも思っています。

初対面でいい人なのに・・・

例えば会社に入社したとして、先輩にあたる人がすごく優しい。
もうこれってすごく警戒してしまうレベルです。
よくあるパターンとしては「自分の子分にしてやろうと思っている」というものがあります。
最初は優しいと思いきや、いつの間にか自分の仕事を押しつけてきたりして、最終的には暴言も平気で吐くようなタイプ。

もうこれは本当にやっかりですよ。
自分は「優しい」と信じ込んでいるだけに余計なおせっかいもどんどんしてきます。
それも土足で入り込んできます。
それどころかプライベートにも土足で入って来ますので、休日も落ち着いてはいられません。

なぜ相手もそんなことをするかと言えば、その押しつけがましさで友達がきっといないのでしょう。
だから子分の仕事やプライベートにも入り込んできます。

マジでこのタイプは厄介です。

意識が高い系のウザさ

あとは「意識高い系」の優しさ。
これはもう完全に「踏み台にして、自分の意識を高めてやろう」としか思っていません。
結局は自分のことが大好きで、人のことなんて何とも思ってません。
自分にとって都合が悪いなと思った瞬間に牙を剥いてこちらに襲いかかってきます。
こんなのにうっかり接触してしまったら、人間不信になってしまうかもしれません。

相手はウソで塗り固めた意識の高さをこちらと比べているのです。
万が一、こっちが相手に勝っている点があれば嫉妬の嵐です。

とにかく彼らは比較することが好きなのと、相手を踏み台にしてのし上がるということが大好きなので本当にめんどくさい人種です。

これらの人に遭遇したら、もう本当に気の毒としか言いようがありません。

一見、とっつきにくい人が逆に

逆に一見すると、とっつきにくい人の方が後々の友人になったりすることが多いです。
とっつきにくいのは単に相手がシャイなだけだという理由が案外多いです。

ちょっと嫌な人なのかな?という人も実はそう見えているだけで、本当は全くキャラクターが違うということがあります。

この人たちは基本的にはシャイであることが、そうさせているだけなのでこちら側が「嫌な人かな?」と間違って想像してしまうわけです。

 

あくまでも個人的な教訓を書いただけなのですが、結構同じような経験をされている方は多いのではないでしょうか?
ワタシはいつもこのことを頭の片隅に置いて、これを教訓としています。

 

広告を非表示にする