「ギャンブル依存症」が日本は世界よりも割合が高いらしい。どうしたらいいのか?

f:id:muralog:20140822193407j:plain

厚生労働省研究班なるところの調査によると国内には500万人ものギャンブル依存症の人たちがいるらしい。
これは世界と比べても割合が高く、十分に社会問題になりえる数字である。

ギャンブル依存疑い500万人超 日本、世界より高い割合 - MSN産経ニュース

ギャンブルに対する気持ちが抑えられない「ギャンブル依存症」の疑いがある人が、国内に500万人以上いるとする推計を厚生労働省研究班(代表、樋口進・国立病院機構久里浜医療センター院長)がまとめ、20日発表した。成人の約5%に上り、世界のほとんどの国が1%前後にとどまるのに比べて日本は非常に高い割合と警告している。

 ギャンブル依存症になってしまい結果的に借金まみれになって、親族に迷惑をかけたり犯罪に走ったりする人もいる。
そう思うと本当にこのギャンブル依存症の割合を少しでも減らす努力というのが必要なのです。

だけどこの日本って本当にギャンブル依存症対策なんてやっているのでしょうか?

ギャンブル依存症はこわいですよ」なんて書いてあるポスターを税金で作り上げて、それでギャンブル依存症に対する啓発を行っております!なんて言い出しそうな予感。

啓発よりも規制しちゃえば?

ぶっちゃけパチンコ・パチスロでしょ!
そりゃあれだけ近所にいくつもあって、気軽に入ることができるとなれば誰だって行きますよ。
それに最近は様々なサービスも充実していて、そこにいると日常生活から離れることができるような感覚になります。
見事な企業努力・営業努力です。
感心すらしてしまいます。

だけどギャンブル依存症の大半はパチンコ・パチスロの利用者だと思います。
確かに公営ギャンブルや闇のマージャンなんかも多少はありますが、パチンコ・パチスロに比べたら全然たいしたことないでしょう。

パチンコ・パチスロは人がハマるようにゲームとして設計されているわけであって、更に金が増えるかもしれないと思っていたら中毒になりますよ。

ときどき芸能人だって来ますからね!
ファミリーで来る人たちがいるってのも、本当なのでしょう。

よく考えると怖い・・・。

規制以外に方法は無い

パチンコ・パチスロをこの世から無くせというのは正論であり暴論でもあります。
パチンコ・パチスロ業界で働いている人というのもいますので、彼らがいきなり失業・倒産というはさすがに厳しすぎます。
もちろん無い方がいいのですが、もうここまで発展してしまった「文化」を潰すのは相当な独裁政権じゃないと無理でしょう。

やはりここで規制するポイントとしては通称「三点交換方式」を規制するところからでは無いでしょうか。
そして店から客への現金での景品という制度も止める。
すなわちパチンコ・パチスロで買った客は、景品との交換のみとする。

そしてパチンコ・パチスロ課税を行う。

この方法ならパチンコ・パチスロ産業という業界は残しつつも、ギャンブル依存症をこれ以上増やすということからは脱却できるのではないかと思うのです。

 

厳しいようですけど、そこまでやらないと日本の「ギャンブル依存症」の割合を減らすにはダメなのです。
この問題について、日本人は真剣に考えてみる必要はあると思うのです。
考えないことはすなわちギャンブル依存症のこの現状を放置しているのと同じようなことなのです。

いつ自分がギャンブル依存症の人から被害を受けるかもしれない。
いま、そこのある危機がこの日本にはあるのです。