「二人の吉田」に悩まされる朝日新聞。購読者はもっと怒って立ちあがれ!

f:id:muralog:20140912060605j:plain

昨夜、朝日新聞の社長を筆頭に幹部が謝罪をしていた。
原因は事前に各マスコミで言われていたように東京電力福島第一原子力発電所の事故に関する当時の所長である吉田昌郎(故人)所長への調書、通称「吉田調書」に関する報道の誤りに対するものであった。


朝日新聞:「慰安婦」「吉田調書」…社長、誤報認め謝罪 - 毎日新聞

朝日新聞が5月20日朝刊で「所員の9割が吉田氏の待機命令に違反し、福島第2原発に撤退した」と報じた問題で、同社の木村伊量(ただかず)社長が11日記者会見した。「その場から逃げ出したような間違った印象を与える記事と判断した」として記事を取り消すとともに謝罪。自身の進退にも触れ「私の責任は逃れられない。編集部門の抜本改革など道筋がついた段階で速やかに進退を判断する」と述べた。

出典:毎日新聞

要するには震災当時に東京電力福島第一原子力発電所の所員の9割が吉田所長の待機命令を無視して、福島第二原子力発電所に撤退したと思わせるような報道をしたわけである。

この内容は瞬く間に世界中に報道され「日本もセウォル号と似たようなもので逃げ出したのだ」と言われ無きことを言われるようになった。

そして今回、政府が吉田調書を正式公開することによって、朝日新聞の報道内容に間違いがあったということが判明した。

吉田調書問題で世界中に間違った情報を拡散させた罪

f:id:muralog:20140912061803j:plain

現時点でも世界中に日本人は原発事故のときに責任をとらずに逃げ出したと思い込んでいる人も多いだろう。

日本人と韓国のセウォル号事故の船員が同一視されているということである。

日本人だってセウォル号事件のことを責められないという記事に世界は埋め尽くされた。

〈2011年、命令にも関わらず、パニックに陥った作業員たちは福島原発から逃げ去っていた〉
(米・ニューヨークタイムズ
福島原発の作業員は危機のさなかに逃げ去った〉(英・BBC
福島原発事故は“日本版 セウォル号”だった! “職員90%が無断脱出…初期対応できず”〉
(韓国・エコノミックレビュー)
〈日本版セウォル号…福島事故時に職員ら命令無視して原発から脱出〉(韓国・国民日報)

 


「日本版セウォル号」扱い等世界に広がった朝日吉田調書報道 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

まあ、本当によくもやってくれたものである。

日本人が日本がせっかく努力をしていても、自称「日本のクオリティーペーパー」が日本の評判をガタ落ちさせる。

完全に間違っていた情報を記事のトップとして掲載してしまう。

それにより読者は衝撃を受け、真に受けてしまう。

でも実はこれ間違いでした・・・テヘペロ。

こんなの社長が交代とかどうこういうレベルじゃないと思うのですよ。

購読者があまりにも気の毒です。

そして朝日新聞の購読者は大人しすぎます。

もっともっと怒って、何らかのアクションを行うべきなのでは無いでしょうか?

もちろん購読を止めるというのもひとつの方法ですし、抗議文やメールを送るのも必要なことでしょう。

ただただお詫び文を見て「仕方ないなぁ」なんて思っていたら、あなたは思考が停止しています。

自分がお金を出しているということを思い出してください。

吉田清治従軍慰安婦問題」に揺れる朝日新聞

f:id:muralog:20140912063239j:plain

朝日新聞は「吉田清治(故人)」という大嘘吐きの記事をまともに掲載してしまいました。

これにより済州島における従軍慰安婦狩りが日本軍によって行われていたと、世界中に発信されました。

もちろんこれにより日韓関係には大きな亀裂が入り、それは現在に至っても解決方法が見えない大きな問題になっています。

この吉田清治という男の話は、実際に調べてみると支離滅裂でとても採用できないというのが一般的でした。

しかしながら朝日新聞はこの嘘つきの意見を採用してしまいます。

これによる影響はとてつもなく大きかったのです。


【慰安婦偽証「吉田証言」とは何か】吉田清治の嘘が国内に与えた影響 国会、中学歴史教科書、指導書に+(1/2ページ) - MSN産経ニュース

ベースがウソなのだから、こんなものを信じることができるわけがありません。

しかしながら朝日新聞はを始めマスコミ各社はこれをベースにして、従軍慰安婦事件のキャンペーンを掲載していきます。

もう一度いいますが、吉田清治の証言というのは金目当てのウソです。

そしてこのことをようやく朝日新聞は8月に認めました。

吉田証言が間違いであると。

しかし本当に謝罪をしていたわけではありませんでした。


朝日、再び慰安婦特集記事掲載 今回も謝罪せず - MSN産経ニュース

そして今回の吉田調書の謝罪会見のときに、合わせて吉田清治従軍慰安婦問題についても内容を精査せいて謝罪をするといいました。

このままのペースでいけば、普通に話を受け止めると社長以下の退陣が濃厚ではあります。

ただ問題の本質は「吉田調書問題」と「吉田清治従軍慰安婦問題」とでは時間軸の差があまりにもあります。

現行の経営陣が処分されるべきとしてあ「吉田調書問題」ですが、「吉田清治従軍慰安婦問題」となると当時の関係者が罰せられるべきであります。

しかしながら彼らは定年を迎えており、既に朝日新聞にいないというジレンマがあります。

どうやったら彼らに責任をとってもらうことができるのでしょうか?

購読者は自分がお金を払っているということを忘れてはいけない

朝日新聞の購読者はどういうわけか、これだけミスのオンパレードの朝日新聞に対して「優しすぎる」と思うのです。

読者投稿欄には、批判かと思いきや最後には激励をしているという投稿記事がほとんどです。

痛烈な批判というのは池上彰氏のように、封殺されてしまうのでしょう。

自分にとって都合のいい記事だけを載せるという体質になってしまっているのです。

 

朝日新聞を批判した雑誌の広告も黒塗りにして広告掲載をしています。

朝日新聞は以前、特定秘密保護法案の記事のキャンペーンで特定秘密保護法案が通ると新聞の記事がこうなるかも?と黒塗りの記事を作成しました。

結果、特定秘密保護法案でもなんでもない自分に都合の悪いことは黒塗りにするというダブルスタンダートを出してしまいました。

簡単に言えば読者はからかわれているのです。

朝日新聞は読者は記事を買ってくれている養分にすぎないと思っているのかもしれません。

ここまでされても朝日新聞を購読する理由というのはあるのでしょうか?

 

読者が行動する時間帯にもうなってきていると思うのです。

抗議文もメールもいいのですが、彼らの手法を考えるとそれを封殺してしまうということは容易でしょう。

ベストは買わないというのが一番いいと思います。

正直な話、朝日新聞が無いと死にますか?命にかかわりますか?

逆に誤報を垂れ流す新聞のほうが命への影響がありそうですら思えてしまいます。

新聞なんて何社も出ています。

無理して朝日新聞を買う必要がないのであるならば、本当に自浄作用があるのかを判別した上で将来的に購入を考える程度でいいのではないでしょうか?

最後にこれを見て、判断をしてもらいたい。


みなさまに深くおわびします 朝日新聞社社長:朝日新聞デジタル

私の戦争犯罪

私の戦争犯罪

 
すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」 (WAC BUNKO)
 

 

広告を非表示にする