東京都議会が「シーン」としているらしい、しかし近い将来また元のヤジ放題に戻るであろう

f:id:muralog:20090218132328j:plain

女性蔑視やじ問題で東京都議会が今までとは一転、シーンとしているらしい。
基本的には議会におけるヤジは1期目の議員がよくやるのだが(やらされている部分もある)、今回はヤジを自粛するように指示があったようである。


都議会:一転「シーン」…騒然のヤジ飛び交う雰囲気も一変 - 毎日新聞

都議会が反省をしているからシーンとしているかというと、ワタシはそうではないと思っている。

実際にこんな記事が出ているということは、マスコミがヤジに対して異常なレベルで注目しているからである。

そんな空気を感じれば、当然のように「ヤジは自粛するように」という指示が出回るのが容易に推測できる。

こんな時期にヤジをやったら自爆同然の行為である。

注目されているとまともに機能する議会

マスコミや市民団体などが注目しまくっているときは、議員はいいところを見せようとして「まともな仕事」をする。

普通に考えても当たり前であるし、議員の中にはこのチャンスに乗じて自分の名を売ろうと躍起になっている人もいるであろう。

その結果がヤジのない「シーン」とした議会の誕生である。

もちろんこのタイミングにおいては、出てくる質問なども「市民のため」のようなモノばかり出てくる。

下手な質問をして、またマスコミの格好のネタになってしまってはいけないという意思があるからである。

それだけに与党も野党も大人しい議会運営が求められる。

とにかく今はスキャンダルに巻き込まれたくない。

「ヤジは議場の華」と言い切るアホ議員

だがしかし、こんなことが長く続くわけが無い。

ずっと「やりたい放題」の議会運営だったのだから、マスコミらがいなくなったとたんに無法地帯になるだろう。

議員に期待する方が悪いと思ってもいい。

もちろん、がんばっている議員もいるが何期も努めて感覚がマヒしている議員だって多くいるだろう。

注目さえなくなれば「市民のため」から「自分たちのため」の質問などが出てくるに違いない。

政務活動費なんてメチャクチャに使って、税金を食いまくっている議員だってまだまだいるのは間違いないということは、誰もが思っているだろう。

議員に期待するのが間違いだった

そもそも議員なんかに期待するのが間違いだったのだろう。

冷静に考えてみれば「議員」なんて仕事を立候補してやろうと思う人は、一般人と感覚が違うのだと思う。

そして誰もが思うであろう。

「議員ってこんなに必要なのかな?報酬ってこんなにいるの?」

地方議会の議員の数なんて、あんなに必要なのだろうか?

よく「弱者の声を聞くためにも、議員は多数必要」なんて意見があるけど、いつの間にか「弱者様」が一般人よりも声が強くなってないだろうか?と。

それは一般人が政治に無関心であることの天罰みたいなものだろうけど、それでも誰もが思う議員数の問題。

彼らの政務活動費や議員報酬は我々の税金から出ているということを考えれば、もう少し議員を減らしてもいいのではないかと思えてくるのではないだろうか?

 

そもそも議員の事務所なんかは、別に役場の一室を割り当てれば問題無いのでは?

だけど、そんなことをやろうとしている自治体は無いと思う。

今までスポットが当たりにくかった「地方議会」という闇に、もっと光を当ててみるべきではないだろうか?

そもそも本当に「この地方議会が必要なのか?」という視点からもう一度見直してみるべきかもしれない。

本当に今、生活をしている地元を良くするためには徹底的に地方議会を再チェックする必要がある。

徹底的に自分の選挙区の議員をチェックする

地方議員がちゃんとした仕事をしているかどうかを調べるのは、かなり大変なことだと思う。

だが、まずは自分の選挙区の選出議員の行動(お金・発言)を洗い出してみるのは結果的に自分たちの生活を良くすることにつながるかもしれない。

もちろん議員のチェックをするには、できるだけ多くの地元の仲間を作って協力しあって調査したほうがいい。

下手に街のゴミを拾うよりも、もしかしたら結果的に街のためになる可能性だってある。

それくらい地方議員というのは、叩けばホコリが出てくる人が多いということである。

何度も言うがまともに活動をしている議員だっていることは間違いない。

だがしかし、地方議員に対するチェックというのがあまりにも注目されていなかったため地方の政治が腐敗しているということがある。

 

そのようなことが無いようにするには、我々一般人が彼らを徹底的にチェックするしかないのである。

今まで「そんなの面倒くさい」「政治に興味が無い」「難しいことは嫌だ」などと言っていた結果がこの結果なのだから。

責任は投票権のある市民にあることは明白である。

自業自得になる前に、今だからこそ地方議員のチェックをすべきだと思う。