読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKスペシャル「老後破産の現実」を見て、日本の老後社会に未来が無いと確信した件

時事ネタ

f:id:muralog:20140928222952j:plain

マジで見ていてここまで憂鬱になる番組は久々かと思いました。

NHKスペシャルの「老後破産の現実」を見ていて、本当に日本は長生きすることが「リスク」になってしまう国だとわかりました。

正直なところ老後に「明るい未来」なんてほぼありません。


NHKスペシャル|老人漂流社会"老後破産"の現実

高齢者人口が3000万を突破し、超高齢社会となった日本。とりわけ深刻なのが、600万人を超えようとする、独り暮らしの高齢者の問題だ。その半数、お よそ300万人が生活保護水準以下の年金収入しかない。生活保護を受けているのは70万人ほど、残り200万人余りは生活保護を受けずに暮らしている。年 金が引き下げられ、医療や介護の負担が重くなる中、貯蓄もなくギリギリの暮らしを続けてきた高齢者が“破産”寸前の状況に追い込まれている。在宅医療や介 護の現場では「年金が足りず医療や介護サービスを安心して受けられない」という訴えが相次いでいる。自治体のスタッフは、必要な治療や介護サービスを中断 しないように、生活保護の申請手続きに追われている。

番組に出てくる老人がみんな口をそろえて「早く死にたい」と言っていたことが印象的でした。

こんな社会が本当に幸せな社会なのかと・・・。

独り身になると詰む社会

この番組に出ていた老人の方々は全員単身者でした、その理由ももともと結婚していない方や夫と死別、息子とも死別という人々でした。

その結果、独り身の状態になってしまい年金の額が少なくなり、医療や介護などを受けるお金がほとんどないという状況でした。

結果的には、生活保護に頼る形になるケースもあるのですが全ての人が生活保護を受けてしまうと制度が破綻してしまいます。

結果的に「老後破産」という現象が起きてしまい、なんとそのこと自体がまだ国や自治体が把握しきれていないということでした。

ワタシはまだまだ若いのですが、独身者であるので何かのトラブルひとつで「老後破産」になるかもしれません。

とにかく孤独になると間違いなく、社会的に「詰んだ」状態になります。

そしてどんどん社会から孤立化してしまうという、まさに政府が言っていた「明るい老後」とは正反対の状態になります。

本当に見ていて「うあああああああああああ」と叫んでしまいました。

ここまで現実は厳しいのかと・・・。

国民全員一律負担制度が問題のひとつ

番組でも識者が指摘していたのですが、医療費や介護費などの費用が一律負担になっていることが問題点のひとつのようです。

収入が少ないけど、医療や介護などは一律の負担であることが「老後破産」を生み出す要因のひとつであると。

確かに収入に応じた医療費負担なども考慮したほうがいいのかもしれません。

ただ個人的に思ったこととしては、医療費はまだまだメスを入れるべき案件かと思います。

医者や製薬会社が儲けるために制度自体がなっていないか?ということをもっと調査して改革すべきではないでしょうか。

もちろん抵抗勢力も多いでしょうが、ここを改革しないと「老後破産」は起きてしまうと思うのです。

そろそろ外国にばらまく金を国民に

最近も発展途上国などに多額のお金がばらまかれましたが、そろそろそのお金を少なくとも国内にまわしてもらってもいいのではないでしょうか?

もちろん外交というのは非常に大事であり、安全保障に関わる問題だってあると思います。

ただその中の何割かでいいので、「老後破産」している国民にお金を渡すことができないかと。

「生きるのがつらくなる」老後なんてモノがあり続ける限り、若者が真剣に働こうなんて思うでしょうか?

やはり「明るい老後社会」を示すことができて、そしてそれを現実にすることこそが最もやらないといけないことです。

自分たちにできることは家族を作るくらい

この「老後破産」を少しでも回避する方法として、我々ができることというのは家族を作ることくらいです。

それも「平和で幸福な家族」を作ること。

まさに少子化対策という国策的内容を我々が実践するしかないのです。

そして極力「孤立化」を避けるということ。

社会的な孤立化は年齢を問わずに、あっという間に起きることがあります。

そこで孤立化を長期化しないためにも、ありとあらゆる手段を使って孤立化を避けましょう。

もちろん行政の力を借りるのは、まず最初にやるべきことだと思います。

「自力でなんとかしよう」と思いたいところですが、その間にもどんどんと孤立化と貧困化は進んでしまいます。

まず「生き残る」ことを前提に考えましょう。

 

まさに日曜日の夜にこんな憂鬱な番組を見てしまうと、翌日月曜日の朝が大丈夫なのかと不安になってきてしまいます。

それくらいのインパクトのある内容でした。

何も悪いことをしていなくても「早く死にたい」などと思う社会が我々の求めていた社会なのでしょうか?

広告を非表示にする