読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増加する「貧困女子」その定義と対策方法

 

f:id:muralog:20140930192827j:plain

老人破産については、先日のNHKスペシャルで放送をしていたが実はいま「貧困女子」が増加している。

比較的若い層の独身女性が貧困になっている。

なんと今、働く世代の単身女性の3分の1が、年収114万円未満なのである。

よく若い女性が「お金が無い」とつぶやいているが、データ的に見れば現実そのものだということがわかる。

そして20代から下の世代が特にこの状況が顕著だということが社会問題になっている。


あしたが見えない - NHK クローズアップ現代

なぜ若い女性がこのような貧困の状況に陥るのか?

そしてこの「貧困女子」の定義とは?

現代社会にポッカリと空いたこの空洞について、どう考えて解決していけばいいのでしょうか。

「貧困女子」の定義

貧困女子の定義は単身で暮らす女性の所得から家賃を引いて84,999円以下ならば貧困女子ということになっている。

この定義によれば、上述したように働く世代の女性の3分の1が貧困女子とされることになる。

どうしてこのような状態になるのかと言えば、奨学金の支払いや実家への仕送りなどから自らの買い物によるローン・借金の返済など様々である。

すなわち「自業自得タイプ」と「本質的貧困タイプ」に大ざっぱに分けられるのではないだろうか。

自らの支出が多すぎて、そのローンの返済によって貧困女子に陥るタイプというのはメンタル的なカウンセリングやファイナンシャルプランナーなどの専門家からのアドバイスが必要なのだろう。

「自業自得なのだから、ほかっておけばいい」などという意見もあると思うが、貧困からの犯罪などをやられてしまったら社会的にも迷惑である。

ましてや「本質的貧困タイプ」となると、これはもう簡単に解決するような問題ではない。

シングルマザーになってしまうと更に貧困が加速してしまう。

どうしても正規社員になれないという社会的構造があるために、パートやアルバイトなどを複数個掛け持ちすることになる。

労働単価自体がさほど高くないために、働いても働いても上限がありそこが限界点となる。

「貧困女子」の対策案は

先ほども書いたように「自業自得タイプ」というのは、考え自体を直さないと何度も同じようなことを繰り返してしまう。

それを防ぐためにも専門家によるカウンセリングを受けるように、行政が指導していくというのもひとつの方法かもしれない。

さらに言うならば子どもの時期に「お金に関する授業」というのも必要ではないだろうか?

日本では「お金」に関することを考えることは、「あまりよくないこと」と思うような風土がある。

その結果が、このような「自業自得タイプ」の貧困女子を量産することになる。

それを防ぐためにもお金に関する学習・カウンセリングが必要かと思われる。

 

また「本質的貧困タイプ」の貧困女子は、原因が非常に複雑である場合が多い。

親との対立や親の借金、うつ病などのメンタルヘルス面での障害などがある。

これらを全面的にカバーできる専門家はいなく、「貧困女子」が孤立する要因に加速をさせてしまう場合がある。

これらを防ぐためにも、やはり所得があまりにも低い成人の場合は、行政が少しでも関与していく必要があるのではないだろうかと思います。

老人だけでなく若者にも積極的に行政が関与し、よりより生活環境へと導くべきではないでしょうか。

広告を非表示にする