サイバーエージェントの社長が社員が辞めることに激怒した記事を見て、気持ちはわかるけど損してるなと思う件

f:id:muralog:20141002213319j:plain

サイバーエージェントの社長の藤田晋さんが自社の社員が辞めることに関して「激怒」して、あえてそれを公表した件がニュースになっています。

上場企業で社員も多数いる会社なのだから、人の出入りは結構激しいと思うけど今回はどうも腹に据えかねるようだったらしいです。

 

理由を見ると確かにわからないでもないと思うのです。

ただ「激怒」を公表してしまったことが、なんだか「損してるよなぁ」と。


私が退職希望者に「激怒」した理由 (藤田晋氏の経営者ブログ) :日本経済新聞

もう一度言いますが、理由だけ聞けば「ムカつく」のは真っ当な考えでしょう。

 

その理由は以下のとおりのようです。

  1. 新規立ち上げ事業を任せていたのに途中で放り出した
  2. その社員は億単位の損失を出した過去があるが、もう一度チャンスを与えてみた
  3. 実はライバル会社への引き抜きだった

これで笑顔で社員を送り出していたら、もはや感覚はマヒしていると思います。

ワタシでもムカつくと思います。

だけど結果的に激怒の方法が違っていたのかなぁ。

「激怒」するにしても方法がある

結局のところ問題なのは、この「激怒」を世間に公表してしまったことではないでしょうか。

これによって確かに「引き抜き対策」はできるようになるのかもしれませんが、社員の人たちにとっては居心地がなんだか悪くなったと思うのです。

 

「うちの社長は何かあったら社員のことでもマスコミに公表する人だ」

 

そう言われても仕方が無い行動だと思います。

これによって社員も何か物事をいいづらい環境になっちゃうのではないかと。

 

そして外の人たちも「サイバーエージェントってそんな会社だったんだ」とやっぱり少なからずイメージが低下してしまう可能性もあります。

実際に様々なブログでもこのことを書かれている自体で、時既に遅しなのですが。


社員が会社を辞めるのは自由なのに、転職社員をNIKKEIで罵倒し、魅力のなさを公言してしまった藤田晋氏の器

何度も言うようにライバル会社に引き抜かれたことは「激怒」していいと思います。

でもそれをいちいち公表することが間違いだったのでは。

「あえて意識的にやった」とのことですが、今回は完全にそれが裏目に出てしまった感はあります。

「激怒」よりも引き抜き対策をやるべきだった

今回のように社長が激怒して、その勢いにまかせてマスコミにまで公表してしまったというケースは希です。

これはやってはいけない手法であると思います。

 

ここでやるべき方法はやはり引き抜き対策だったと思います。

結局「激怒」の原点はそこにあるのではないでしょうか。

社員がライバル会社に引き抜かれたことに対して怒るだけでなく、そこで自らを反省して対策を取ることに注力すべきです。

 

社員に「辞める」と言われたときは、なかなかそこから引き戻すことは難しいです。

でも次にそのようなことがないように対策することは確実にできるはずです。

それをすることにより、社員にとっても社外の人にとっても魅力的な会社となるのではないでしょうか。

 

若くして会社を上場させた能力のある藤田晋さんの次の一手が気になるところです。

広告を非表示にする