読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企業は人手不足なのに、無職の人たちは「仕事がない」という矛盾

時事ネタ

f:id:muralog:20141007201348j:plain

世間では人手不足らしいです。
アベノミクスで景気が良くなったのですが、逆に人手不足で倒産しそうな企業もあるようです。

おかげで日本経済の成長の足かせにもなっているという事態になっているようです。


焦点:短観が示す深刻な人手不足、物価後押しでも成長に足かせ | Reuters

しかしながら、世の中の無職の人たちは「仕事がない」と嘆いているのをよく効きます。

企業は人手不足と言っているのに、無職の人たちは仕事が無いと言う。

この矛盾とは一体なんでしょうか?

基本的に両者のミスマッチがありすぎる

企業が求めている人材は特殊技能を持っている人というわけではなく、単純労働的な人材であることが多いようです。

例えば小売りや飲食などの店員などの募集などでしょう。

他にも工場での労働者などが求められている人材であると思います。

 

しかし就職希望者にとっては、これらの業種は総じて「ブラック企業」であるという認識があることが多いです。

その結果、これらの求人については就職希望者の意識から除外されてしまいます。

 

ネットなどの発達によって、企業のイメージというのが就職希望者には事前にわかっているのです。

ちょっと調べれば、その企業の実態というのがわかる社会になっているという事実を認めなくてはいけません。

これにより無職の人たちが「仕事がない」という現象が起きてきます。

企業の人手不足倒産は自業自得?

「いくら募集をかけても人が来ない」と嘆いている企業は、胸に手を当てて今までの業務活動をふり返るといいかもしれません。

散々、人を低賃金でかつサービス残業など過酷な条件で働かせていたことは無いかどうか?

仮にそんな企業は賃金を多少上げたところで、人が集まるはずがありません。

 

そのことをすっかり忘れて「今の若者は働く気力が無い」などど労働者側に怒りをぶつける間違った企業すらいます。

はっきり言って、そんな企業は人手不足倒産してもらって大歓迎ではないでしょうか?

社会から必要無いと言われているようなものだということを理解できていないのです。

 

だからこそ就職希望者がそんな企業を避けるというのは、当然のことであります。

多少の賃金アップでは騙されないと思っているわけです。

外国人労働者に代わりに働いてもらおうとしても、彼らだって同じ人間です。

過酷な労働環境では、いずれ逃げ出してしまうことでしょう。

 

ブラック企業ということで有名な企業が、人手不足で倒産したとき人はこう思うでしょう。

「ざまあみろ」と。

広告を非表示にする