読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜の夜に襲ってくる「サザエさん症候群」「ブルーマンデー」の対策方法を考えてみた

生きかた・考え方
サザエさん音楽大全

日曜日の夜に襲ってくる「あの感覚」が嫌だ・・・。

通称「サザエさん症候群」」「ブルーマンデー」と呼ばれている憂鬱なあの感情。

小学生から社会人まで、あらゆる人々が経験をしたことがあると思います。

なんとビジネスパーソンの4割が経験をしているそうです。


EconomicNews(エコノミックニュース)

なんとなく個人的なイメージとしては4割は、ちょっと少なすぎるのでは?とすら思えてきます。

もちろんワタシも同様の経験をしており、常々どうやったら克服できるのだろうと考えております。

本当に怖い「サザエさん症候群」「ブルーマンデー

サザエさん症候群なんてなったことも無いよ、ガハハ」などと言う精神力がタフなのか鈍感なのかわからない人もたまにいます。

しかし大半の人々は日曜の夜(連休の場合は休日)に「明日からまた仕事か・・・」などと憂鬱になるわけです。

そして、ひどいときには翌日に電車のホームで・・・などと命にかかわるようなことにもなりかねません。

 

サザエさん症候群」とはいったいどんな症状なのか?

主に学生や会社員など、月曜日から学校や勤務が始まる人に起こりうる症状とされる。ごく軽度のうつ病の一種とする説もある。ただし、夏休み中や冬休み中などの長期休暇の場合は翌日の月曜日も休みのためあまりなる人がいないこともある。

この症例は休日の終わり、仕事の始まりを実感し憂鬱になるものであり、それらを概して呼ぶために比較的認知されやすい語を用いて説明しているに過ぎない。その為、日曜日が休日ではない職種の人、サザエさんを他の曜日に遅れネットで放送している地域(フジテレビ系列の置局がない青森県山梨県徳島県山口県)の人が覚える休日の終わりによる憂鬱感でも、こう呼称して問題は無い。世界的にBlue Mondayは休日明けの物憂い(ものうい)月曜日として誰しも経験し広く認識され、かつ言われることである。

サザエさん症候群 - Wikipedia

 

上述のように休日の終わりや仕事の始まりに実感をする現象とのこと。

実際、以前は「日曜洋画劇場のラストテーマを聞くと気が沈む」という人もいました。

すなわち日曜の夜が遅くなればなるほど憂鬱になっていくわけです。

もちろん月曜の朝はピークに達していることでしょう。

 

サザエさん症候群」「ブルーマンデー」の原因は学校?会社?

この「サザエさん症候群」「ブルーマンデー」の現象の起きる原因は一体なんでしょう?

単純に考えれば、学校や会社が原因と考えてしまうところです。

しかしながら、この現象に襲われない人々にとっては学校や会社はなんてこともない場所になります。

 

すなわち学校や会社が直接の原因とは言いがたいということです。

ズバリ!原因の主な要因は「人間関係」ではないかと思われます。

 

学校や会社に行ったときに、どうしても関係がうまくいかない人がいるということではないでしょうか。

彼らに会いたくないから、休日の夜に行きたくないと拒否反応が出ているのだと思われます。

 

いじめっ子や性格の合わない上司・同僚・部下、嫌な取引先など様々な人間関係に悩まされている人は多いはずです。

彼らを避ける方法自体が無いのだから、嫌になるのは当然の心理です。

 

サザエさん症候群」「ブルーマンデー」の対処方法

人間関係が主な原因だとすると、これらを改善することが最もいい方法です。

しかしながら、そんなことがうまくできるわけがないというのも事実です。

ではいったいどうやったらいいのか?

 

嫌な人との接し方自体と変えてみるのもいいかもしれません。

「極力合わないようにする」とか「彼はかわいそうな人なのだ」と思ったりなどして、自分自身の考え方を変えるほうが対象方法としては早いと思われます。

 

なるべく相手のことを意識しないことが大事です。

自分のことだけを考える「マイペースタイプ」になったほうがいいでしょう。

マイペースでなるべくいることが、いずれ休日でもマイペースになり気楽になることができるはずです。

 

間違ってもTwitterやブログに文句を書いたりしてストレス解消というのはいけません。

高確率でろくなことがありませんから。

ストレス解消よりもマイペースになることを目指しましょう。

広告を非表示にする