名古屋から阪神日本シリーズ進出の大阪に観光して双方の良さがわかったこと

f:id:muralog:20141020163055j:plain

名古屋から大阪に行く予定があり、大阪を観光してきました。

その予定というのがワタシが主催する飲み会でありまして、2ヶ月ほど前から企画していました。

 

そしてその飲み会の現場は、道頓堀の戎橋から2分くらいの場所であります。

思いっきり何も考えていなかったのですが、その当日に阪神クライマックスシリーズ4連勝で日本シリーズ進出という記念すべき時だったのです。

 

何人もの人の道頓堀川ダイブを目の前で目撃しました。

中にはカップルで飛び込むという人たちもいました。

大阪と名古屋、ハッキリ言って全然違います!

 

大阪と名古屋の比較その1「活気」

マスコミがよく「関西の経済は不景気である」と言っていますが、正直なところ「どこが不景気なのだ?」と思うくらいに活気がありました。

もう夜も昼も飲食店などの呼び込みの人の数が名古屋と比べると半端無いです。

名古屋はどちらかというと呼び込みもおとなしい感じなのですが、大阪はグイグイ来ます。

 

たぶん関西の製造業が不振なのでしょうが、観光地における売上規模は明かに名古屋より大阪のほうが凄いです。

逆に名古屋は製造業はトヨタ自動車をトップに、順調なイメージです。

まさに対照的な雰囲気があります。

 

大阪と名古屋の比較その2「車の運転」

車の運転に関しては名古屋は悪名高い「名古屋走り」というのがあります。

ウインカーを出さずに車線変更したり、信号が黄色だと加速したりすると言われています。

交通死亡者数も日本一と愛知県は言われてますが、これは自動車の保有数と人口比率が関係していると思います。

 

大阪のほうは感覚としては「スピードが速いなぁ」と感じました。

タクシーの運転手さんも結構飛ばしていると実感したくらいなので。

そして大阪は道路の一方通行が名古屋と比較すると多いですね。

 

大阪と名古屋の比較その3「それぞれの良さ」

ズバリ!大阪は東京と同じように「眠らない街」ですね。

そして飽きが無いといっても過言ではないくらい、面白い街です。

とにかく人が多くて賑やかなイメージ。

観光地も多いので、休日もどこに行くか迷うのではないでしょうか。

 

一方、名古屋は都市としてのバランスの良さがポイントです。

電車・地下鉄もそんなに混んでいませんし、住宅街も静かで住みやすいというのがいいところです。

「住む」ということに関してスポットを当てると、落ち着いて生活ができる環境です。

 

大阪を観光することで、大阪という大都市の良さを実感しました。

そして、名古屋の良さも再確認することができました。

もちろん、みなさんが住んでいる街もいいところが必ずあるはずです。

どこかに観光をしてみて、街を体感することで地元の良さも見つかることでしょう。

トピック「地元発見伝」について