読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「意識高い大人」が「意識低い若者」に「選挙に行こう」と何度言ってもムダな件

生きかた・考え方

f:id:muralog:20141023195813j:plain

いわゆる政治意識の高い人が、基本的に全ての意識が低い若者に例えば「選挙に行こう」なんて言ってもムダではないかと最近思うようになりました。

基本的に意識低い系の若者は何をやるにも「だるいわ〜」「めんどくせぇ」みたいな感じでやる気自体が無いと思うのです。

それでも意識の高い大人は「選挙に行こう」なんて言ったりするわけです。


「上から目線の啓発では投票率は上がらない」"ワカゾウ"が埋める「意識高い大人」と若者のギャップとは

正直なところ、それってムダですよ。

意識が低い若者に何を言ったところで効果なんて無いのです。

「こんな特典がありますよ」なんて釣りをしたところで、「何が特典だよ。だるいわ〜」なんて言われるのがオチでしょう。

 

意識が低い人に何を言ってもムダ

やる気どころか興味自体が無い人に効果があることなんて本当にあるのでしょうか?

それが特に政治への参加なんて、あるわけが無いと思うのです。

もちろん政治意識の高い若者もいます。

彼らはもう何も言わなくても投票所に行くことでしょう。

 

でも深夜にドン★キホーテなんかにたむろしているような若者が投票所なんて行くわけがないです。

下手すれば投票権が売れるなら売ってしまいたいと思っているくらいでしょう。

彼らにとって政治なんてものは興味の対象では無いのです。

 

そして政治家も金がらみの問題を起こしていて、余計に政治というブランド価値を落としています。

政治自体に期待なんて持たない若者が増えても仕方が無いことなのかもしれません。

 

そうやって双方の距離がどんどん離れていってしまって、その結果が意識が低い若者というレッテル貼りされた存在が出てきているのです。

「誰が政治家になってもたいして変わらないのではないか?」と思っている人は、意識高い大人の中にもいるのではないでしょうか。

おそらく今後も増え続ける「意識が低い若者」

たぶん今後もまだまだ意識が低い若者どころか大人も増えていくことでしょう。

どれだけ投票システムが良くなろうと、そもそも政治なんかに関心が無いという人は確実に出てきます。

もちろん政治以外のことも興味が無いという状態になるのではないでしょうか。

 

ある意味、社会が成熟してしまってもうこれ以上の伸びが無いと誰もが薄々思い始めているということなのかもしれません。

もう、このままでいいやと信じ続けているのでしょう。

 

得票率が高い社会というのは、大体が混乱をした社会である場合が多いと思うのです。

ものすごい大不況や強権政治なんかに対する反動みたいな感じで。

若者が政治的な運動を起こしている国は、大体が大変な問題を抱えてる国です。

 

そう思うと今の日本は不景気かもしれませんが、なんとか生きていけられるという国です。

身内が処刑されたり、政治家が大規模な不正をやっているわけでも無いです。

所詮はうちわだとか、演劇の鑑賞会がどうのこうのというレベルです。

外国と比べたらスキャンダルのスケールがあまりにもショボいです。

 

この状況が続く限り、意識低い若者が「行動しよう!」なんて言い出すはずがありません。

間違いなく何をやってもムダな努力になります。

彼らに期待なんてするだけムダなのです。

普通に彼らはいないものだと思って、意識高い人はそれなりに行動をしていればいいのです。

 

その結果がどうなるのかは誰にもわからないですが。

広告を非表示にする