MacOSX YosemiteでWi-Fiがつながらない(速度が遅くなった)場合の対処方法

f:id:muralog:20141029172922j:plain

リリースと共にMacOSX Yosemiteをインストールしました。

その結果、なんとWi-Fiの調子が悪くなりネットが突然見れないということが多発しました。

また、なんだか速度も遅くてまるで懐かしのADSL環境にいるかの如しでした。

いろいろ調べた結果、ワタシの場合はこの方法で元の状態に戻りました。

同じ状況の方は、以下の方法を試してみるといいと思います。

 

原因はIPv6らしい

f:id:muralog:20141029173529p:plain

まずは左上のリンゴマークからシステム環境設定を選びます。

次にネットワークのアイコンをクリックしてください。

 

f:id:muralog:20141029173628p:plain

続いて、左側にあるWi-Fiを選択してください。

選択をしたら右下の詳細ボタンをクリック。

 

f:id:muralog:20141029173720p:plain

TCP/IPをクリックしてください。

そしてIPv6の設定という箇所があるので、ここで「リンクローカルのみ」を選んでOKを押してください。

 

これでワタシの場合は、普通にネットが使える環境に戻りました。

どうやらIPv6という規格との相性が関係しているようです(詳しくはわかりません)。

たったこれだけで復活するとは、なんとも困ったものです。