子どもの遊び声はうるさい?老人VS子どもの攻防を防ぐ方法は無いだろうか

f:id:muralog:20141030201342j:plain

高齢化社会が進む中、老人地帯と呼ばれるような地域もできているようです。

そのような老人地帯において、幼稚園を新たに作ろうとすると反対運動が起きたりしています。

原因は「子どもの遊び声」

子どもの遊び声が騒音になるという主張です。


子どもの遊び声はうるさい? | クロ子のプレビュー見学記 | クローズアップ現代 スタッフの部屋:NHK

ひと昔前では、考えられなかった反対運動ですがこの状況をなんとかすることができないか考えてみました。

 

老人がワガママになってきている

なんとなく思っているのが、最近の老人ってかなりワガママになってないかな?と思うのです。

列への割り込みや老人という「権利」を盾にして、強引に自分の都合のいい方向に持っていくような行為。

そんなことが幼稚園の建設反対運動につながっていくのではないかと思います。

 

子どもの声なんてものは江戸時代でも現代でも音量は変わらないはずです。

そして昔は集合住宅地のど真ん中に幼稚園が建設されたりしています。

子どもの声を特に何も思っていなかったということです。

 

しかし、現代では子どもの声は「騒音」のジャンルに入っています。

ご近所トラブルなんかでは、上の階の歩いている音が気になるというクレームなんかもあります。

自分にとって関係のない音は全て騒音という扱いになっているのです。

 

社会での孤立化がワガママを生む

なぜこんなに老人が凶暴化するのかを考えると、やはり社会での孤立化が原因のひとつではないかと思います。

老人間の中でもお互いが知らない人だらけという孤独な状況が作られていると思います。

そして孤独になるとやはり「他人」という感情が湧き、そして他人の行動にいらだちが起きてくるようなことになるのでしょう。

 

その結果、子どもの声がうるさいから幼稚園の建設反対というワガママな反対運動が起きるのです。

孤独過ぎるから、現状のままで新たらしいモノは必要無いという精神になるのでしょう。

孤独であることを解決することができれば、なんとかなりそうです。

 

幼稚園を周辺社会のコミュニティーセンターに

幼稚園を地域周辺社会のコミュニティーセンター化することによって、老人の社会への孤立感を防ぐことができるかもしれません。

近所の老人と幼稚園とのふれあいイベントを増やし、地域の老人が子ども達を見守るようなコミュニティーを作ることが大事だと思います。

 

せっかく幼稚園という「場」があるのですから、そこは人が集まる場に変えることが重要です。

孤立感を無くすためには、気軽に行ける場が作られなければいけません。

そこでの人と人の交流が深まることというのが重要です。

 

そのような青写真を描くことによって、周囲の老人たちに魅力的であることをプレゼンテーションしなくてはいけないのです。

そこで幼稚園の建設が周辺社会にとって魅力的であることがわかれば、反対運度が起きるというような事態は起きないでしょう。

すなわち地域への説明不足が建設反対運動を生むということです。

 

 

社会の孤立化をどれだけ防ぐことができるか?

そこがこのような問題を解決するひとつの方法ではないでしょうか?