観光気分で遠くに行きたい。仕事や目的を持って行くのではなく、ただ観光気分でいたい

f:id:muralog:20141116192250j:plain

ワタシは、もともと出不精なのです。

でもつい先日、大阪に旅行に行ったときに本当に楽しかったのです。

いったい、何がそう思わせたのだろう?と思いました。

そこでたどり着いた意見というのが「観光」というキーワードでした。

 

何も多くを求めない、そして仕事での出張でもない観光気分というのが自分の心を癒やしてくれていると思ったのです。

観光ならではの、緩いつながりがどこか安心をさせてくれるのです。

何かに縛られない目的も持たない観光こそが気楽に行動させてくれるのです。

 

観光こそが心を落ち着かせる

自分の中で何かを変えてみたいと思ったときに、思い切って遠くに行って気楽に観光することが大事だと思います。

何も考えずに海に行って、なんとなく釣りをやってボーッとしていたりしてみるのもいいでしょう。

観光地での現地の人たちと何気ない会話をするのもいいと思います。

 

何かを忘れるために、ただひたすら観光を楽しむ。

それで何かを発見できたら最高ですし、何も発見できなくても気分が変わっていいと思うのです。

日常世界とは違った空間にいることによって、たぶん脳に刺激を得ることあるのでしょう。

 

週末沖縄でちょっとゆるり (朝日文庫)

週末沖縄でちょっとゆるり (朝日文庫)

 

 

非日常を楽しむための観光のススメ

遠くに行くのもいいのですが、それが予算的にキツい場合なんかは地元のあまり行かない地域を観光気分で行くのもいいと思います。

視点を変えるだけで、思わぬ発見があるのではないでしょうか。

普段行かない神社を参拝してみたり、お店をチェックしたりして気分転換をしてみるべきです。

 

これからのシーズンは寒くなるので、なかなか山や森林に行くことはないと思います。

やはり出かけるなら観光地にいくべきだと思います。

観光地というのは本当に良く出来ていて、観光ルートに沿って歩いてみると非常に効率よく観光地巡りができるわけです。

 

気分を観光モードにして、何に対しても感動しちゃうような自分を楽しむのもいいでしょう。

閉塞した生活をしていると認識しているならば、休みの日に思い切って観光をやるべきなのです。

きっと観光を楽しむことができれば、自分も変わることができるのではないでしょうか。

 

トピック「遠くへ行きたい」について