読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デフレから脱却しそうだけど、値段の高さに耐えられなくなる人が続出するかも?

生きかた・考え方

f:id:muralog:20141206172001j:plain

どうやら今度の衆議院選挙では自民党が圧勝しそうという観測のニュースが出始めました。

デフレ脱却を目指すということで、確かに物価が上がり始めました。

ただあまりにも、そのスピードが速すぎてついていけない人がでるのではないかと心配しています。


Yahoo!ニュース - 円急落…外食産業、値上げ避けられず「もはや牛丼300円台は困難」 (SankeiBiz)

収入も一緒にハイペースで上昇すればいいのですが、さすがにそうはうまくはいきません。

しかしその間にも物価は上昇していきます。

このまま対策をせずに放置していていいのでしょうか?

 

物価上昇に耐えることができない人たち

いわゆる貧困層といわれる人たちは、おそらくこの急激な物価上昇には耐えることができないでしょう。

食費など絶対的に必要な費用が上昇し始めると、ギリギリの生活をしいられることになると思います。

彼ら貧困層の賃金の上昇というのは、おそらく最後の段階になると思いますので当分の間はさらに厳しい生活となりそうです。

 

だからといってバラマキ型の政策をしていては、日本の借金は増加してしまいます。

貧困層に直接に給付金を与えるというのは、一時的な解決策にしかなりません。

必要なのは最低賃金の値上げや軽減税率ではないかと思います。

最低賃金を物価にスライドさせて上昇させれば、貧困層もある程度は通常の生活ができるのではないでしょうか。

 

どさくさまぎれに便乗値上げするような店は相手にしないこと

そして最も注意すべきポイントは便乗値上げされた商品を買わないこと。

どう考えても価格の上昇率がおかしい商品を買う必要はありません。

買わないことによりその企業の売上は低迷します。

結果、便乗値上げを中止せざるをえない状況になります。

 

適正な価格を維持するためにも便乗値上げをしている店や企業の情報をSNSなどでシェアするのもいいと思います。

みんなで協力して安い店の情報やお値打ち品の情報をシェアすべきなのです。

それにより、いわゆる「勉強している店」は売上が上昇します。

 

すなわち便乗値上げをすることがいかに愚かな行為かということを、世間に知らしめることができるわけです。

そうやってみんなが協力することによって、物価の上昇という現象から耐えていくのが今できる簡単な方法だと思います。

広告を非表示にする