読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本経済復活のために移民が必要とは到底思えない件。むしろ必要無い!

生きかた・考え方

f:id:muralog:20080501142314j:plain

日本の将来の人口減を考えると移民が必要であるという意見があります。

移民が来ることによって、財政再建ができるという理論です。

政府は50年後の人口を移民無しで1億人を死守して、成長率2%を達成するという目標があります。

しかしながら、少子化が加速し人口が1億よりも減ってしまうのではないかという懸念があるのです。

そうならないためにも移民が必要と移民必要論者は言います。


財政再建のためにも、移民受入が必要 治安や雇用に関する誤解をとき、ドイツに学ぶべき | ニュースフィア

果たして移民とは日本にとって必要なのでしょうか?

個人的には日本は移民は無理じゃないかと思うのです。

むしろ負担が増えて財政に悪影響すら与えるのではないかと懸念しています。

 

移民が来るお金はどこから出るのか?

そもそも移民に来てもらうために、日本政府がお金を出さなくてはいけないなどといったふざけた状況にならないか心配です。

外国人のほうも自腹で日本人になりたいというのは、そんなにいるのでしょうか?

そうなるといつの間にか、日本政府がお金を出して移民を受け入れるという安易な発想になるのでは?

これはもう本末転倒であり、そんな金があったら借金を返すなり、国民に還元するなどの方法をとればいいのです。

 

移民が来たとしても、すぐに就職先が見つからないこともあります。

日本語ができる外国人の割合なんて、たかがしれています。

その間の生活保護を我々の税金で、まかなってやらなくてはいけないのでしょうか?

どこまでお人好しのお花畑思想なのかとすら思えてきます。

 

文化が致命的に違い過ぎる移民文化

ヨーロッパでも移民の文化の違いには苦しんでいるようです。

中華圏やイスラムなどの人たちは、いつの間にか集まって町を形成してしまいます。

その町は、もはや彼らの本国のようになりいつの間にか「日本人お断り」などと書いた看板も出てくることでしょう。

すなわち文化が致命的に違い過ぎるのです。

 

強引に移民政策なんてとったら、ほぼ間違いなく日本国民からの反発が起きることでしょう。

そして地域コミュニティーでの移民と日本人との衝突も起きます。

治安も確実に悪化することでしょう。

ぶっちゃけ移民なんていいことが全く無いのです。

机上の空論で考え出された財政再建のための移民政策なんて、絶対的に後悔することになるだけです。

 

大事な衆議院選挙の期間ですが、移民政策を主張する人がいないか要チェックだと思います。

広告を非表示にする