読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

環境保護団体はなぜ環境に悪いことを平気でやるのか?炎上商法に走る環境保護団体

f:id:muralog:20141211185124j:plain

環境保護団体のグリーンピースがペルーのナスカの地上絵に落書きをした件がニュースとなっています。

もちろんペルー政府はカンカンに怒っていて、責任者を出国させないように対策をとっています。


「深刻な影響があった」とペルー政府も激怒 「ナスカの地上絵」付近に巨大メッセージ 環境団体の責任追及 - 産経ニュース

この事件の背景には、ペルーのリマで開かれている気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)でグリーンピース側がメッセージを与えたいという思惑から行われたようです。

しかし疑問に思うのは、なぜ環境保護を語っている団体がわざわざ世界遺産のナスカの地上絵に落書きをするかということです。

メッセージを伝えたいという意思はわかりますが、あまりにもやり方が最悪です。

 

結局は世間にインパクトを与えて金が欲しいのでは?

あくまでも個人的な推測ではありますが、ナスカの地上絵に落書きはいわゆる「炎上商法」じゃないかと思うのです。

彼らは募金やカンパなどで活動資金を得ています。

やっぱり活動資金を得るためには知名度が大事なのは当然です。

ちょっとやそっとのことでは、他の環境保護団体から一歩抜け出すことができません。

その結果、いわゆる「炎上商法」に走るのではないでしょうか?

 

今回のナスカの地上絵に落書きについて、グリーンピース側は以下のような発言をしています。

今回の国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)で気候変動に対する解決の糸口を見つけられなければ、このような貴重なナスカの地上絵も未来に残すことができなくなります。グリーンピースは、このナスカの地上絵はもちろん、自然エネルギーでまかなえる持続可能な未来を残したいと考えています。

 

環境破壊が続くとナスカの地上絵が無くなってしまうそうです。

環境破壊の前に壊したのはお前らだろ!このテロリストが!

 

と誰もが普通に思うのですが、そう思った時点で彼らの勝利です。

彼らが狙っているのは、あくまでも「炎上商法」ですから。

 

このまま過激化していく環境保護テロ

今回の一件で彼らは「ひっかかったな(笑)」とほくそ笑んでいることでしょう。

これで募金額が増えれば、まさに彼らの思うツボです。

まさに炎上商法大成功と思っていることでしょう。

 

そして今後ももっと過激な「自称・抗議活動」を行うことでしょう。

もはや環境テロリストという言葉がピッタリです。

だけどこの世の中には、それを見て感動して募金するバカタレが想像以上に多いのです。

 

彼らや彼らの支持者を我々は、差別しまくってもいいと思います。

要するに「環境保護」という大義名分でビジネスをやっているクズなのですから。

彼らに「環境を保護する」なんて精神はありません。

ただ単にお金が欲しいだけなのですから。

広告を非表示にする