読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログを書くときに何も思いつかないときは、何をしたら正解なのか考えてみた

f:id:muralog:20141212200653j:plain

たまにブログを書こうと思ったときに「あれ?」と思うことがある。

何を書こうかすっかり忘れてしまい、何を書いたらいいか思いつかないことがあるのです。

 

よく「ブログ論」的なものには「ブログは毎日書くことを推奨します」みたいなことが書いてあります。

自分としてはブログを書こうと思っても物理的に書けない日があるので、毎日というのは今のところできていないです。

それでも書く頻度は比較的多いほうではないかと自覚はしていますが・・・。

 

書くことが思いつかないときの対処方法

書くことが全く思いつかないことというのは、あることはあるでしょうがある程度防ぐことができそうです。

それは手帳やメモにネタが思いついたら、すぐに書くということです。

手帳をネタ帳にしてしまうという発想です。

 

これによりネタが思いつかないときにネタ帳を見れば、そのときに書いたときの自分の心をイメージできるのではないでしょうか?

書くネタが無いというのを防ぐには、あらかじめネタをストックしておくことがいいと思います。

 

またニュースなどの時事ネタに反応するというのもあります。

時事ネタは比較的にネタにしやすいので、どうしても思いつかないときはオススメです。

ただあまりに難しいテーマで書いてしまって、自分の知識が追いつかず、キーボードの手が止まるという可能性もあります。

うまく自分の好きなテーマを見つけることが大事です。

 

他のブログを見て反応するのも1つの方法

他のブログを見て、その方が書いた内容を見てヒントを得るのも1つの方法だと思います。

そのためには多くのブログをチェックする必要があります。

例えば、このはてなブログでは「読者になる」というボタンがあるので気になるブログの読者になるのは大事なことです。

 

ブログではいろいろな意見や情報などが次々と出てきます。

これらはブログを書く上でのヒントになります。

あえて反論をしてみてもいいし、賛同してみるのもいいのではないかと思います。

 

ブログが書けなくなることは本当は無いはず

上述した方法をやってみるとブログが書けなくなるということは、比較的無くなるのではないでしょうか。

ちょっとしたネタさえあればブログを書くことができると思うのです。

書けなくなる原因というのは、ズバリ!ネタの不足であることでしょう。

 

書くネタさえストックしておくことができれば、いつでもブログを書くことができるはずです。

誰もが陥るであろうネタ不足を解消するには、日頃からいろいろな視点で考え続けることが大事なのじゃないかなと思います。

広告を非表示にする