クリスマスだが奇跡なんて期待しないほうがいい件。そして、もともと期待していない件

f:id:muralog:20141225202555j:plain

世の中はクリスマスで盛り上がっているようです。

様々なところでイベントなどが行われて盛況しているなど、日本人はクリスマスが本当に好きなのだなと思います。

もちろん、一部にはアンチクリスマスの人々もいますが・・・。

 

ただ、このクリスマスに期待し過ぎている人が一部いるなと思うのです。

クリスマスになれば夢が叶うような思い込みをしている人。

クリスマスになれば欲しいモノが手に入ると思い込んでいる人などなど。

 

実際のところクリスマスにそこまでの力なんてものは無いでしょう。

クリスマスに奇跡が起きると期待している人は、ほとんど何かの宗教を信じ込んでいるのと同じくらいのレベルです。

期待したところで夢なんて叶いません。

欲しいモノは恋人や家族を通じてもらえる可能性は十分にありますが、それを過度に期待し過ぎているというのも変な話です。

 

クリスマスに期待なんて必要ない

もしかしたらクリスマスパーティーで彼女ができるかもしれないなんて思っている人がいるかもしれません。

でも、ハッキリいって無理です。

そしてこんな時期にそんなことを思っている人に巡り会ってもろくなことがないでしょう。

それはクリスマスというイベント幻想でできた関係なのですから。

 

クリスマスまでに夢を達成したいと思っている人もいるかもしれません。

でもこれもほぼ無理だと思ったほうがいいでしょう。

そんなにタイミングよくピンポイントに夢が叶うわけがありません。

これもクリスマス幻想以外の何者でもありません。

 

クリスマスなんて奇跡を期待しても意味が無いです。

単なるイベントなのですから。

だけど、どことなくキリスト教のエッセンスが入っているために「願いが叶う」みたいなイメージが先行しています。

でもその正体は、なんてことない普通の日なのです。

 

クリスマスはイベントを楽しむといい

クリスマスは純粋にイベントを楽しめばいいのじゃないかなと思うのです。

下手な期待をするというよりは今を楽しむということが大事だと思います。

そんなことを考えながらイベントを自分で作ってみたり、参加してみたりして楽しんでいけばいいと思います。

 

まるで観光客のようにクリスマスイベントを楽しんでいけば、きっと自分が思っていたよりもずっと楽しめると思います。

「クリスマスに何かが起こる」なんて期待はイベントの主催者にでも任せておけばいいのです。

純粋にクリスマスを自分なりに楽しんでいくことが、クリスマスというビッグイベントを楽しんでいくことができる方法だと思います。

 

2014年のクリスマスを是非とも、みなさん楽しんでください!

 

トピック「クリスマス」について