読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

60歳までに9000万円を持っていないと普通の生活ができない。やはり死ぬまで働くのか?

f:id:muralog:20150122130612j:plain

60歳で仕事を引退した場合、9000万円持っていないと普通の生活ができないようです。

この時代では退職金などなどで9000万円貯め込むことができる家庭がどれだけあるか不明です。

それでも9000万円持っていないと老後に泣くことになりそうです。


お金で泣かない老後 「夫婦で9000万円」どう工面 :Money&Investment :コラム :マネー :日本経済新聞

9000万円を工面するためには「健康で長く働くこと」というのが最強の対策とのことです。

すなわち「老人だけど健康で死ぬまで働け」ということです。

もはや「老後」という言葉は現代の日本には無いのかもしれません。

 

いかにして9000万円を貯蓄するか?

純粋に30年間で9000万円貯めようとしたら、毎月25万円ほど貯金していかないといけません。

果たしてこの金額の貯金が達成できる世帯がどれだけあるのか?と疑問に思います。

かなり切り詰めた生活もしくは収入の大幅アップを狙うしかありません。

 

投資で増やせばいいという話もちらほら聞きますが、下落リスクがあるので全額を投資にぶっ込むことは難しいでしょう。

そうなると世帯で収入を増やすには、共働きをして更に生活を切り詰めるという方法しか無いです。

しかし、子どもが生まれた場合は様々な費用がかかってきます。

そう思うとなかなか月額25万円というのは現実的とは思えてきません。

 

死ぬまで共働きをして、生活を切り詰める以外方法が無い

結果的には30年貯め込むことも大事ですが、それよりは働く年齢を極限まで上に上げる以外方法はありません。

すなわち80歳になっても働くくらいの気力が必要ということになります。

そして今後将来は、そのようなライフスタイルが当たり前という世界になると思ったほうが良いでしょう。

 

子どもの仕送りということも考えることもできますが、現代社会では仕送りしたくても生活がギリギリで仕送りできないということもあります。

ましてや、精神を病んでしまってニート化してしまったら、いつまでたっても負債としかなりません。

 

できる限り収入が上がるように仕事を増やしていくのがベストということでしょう。

最近は自由な生き方というのが話題になりがちですが、現実問題として老後の生活がその構想の中に入っていないような気がします。

今だけがうまくいけばいいという考え方になりがちなのです。

しかし、その考えでは長く生きることが「リスク」となってしまうということを忘れてはいけません。

 

広告を非表示にする