現代社会で収入源が1つであることはハイリスク!サバイバル時代が到来している件

f:id:muralog:20150129190532j:plain

今の世の中、収入源が1つであることはハイリスクではないかと思います。

会社で正社員で雇われていてもリストラや倒産というリスクが存在します。

すなわち収入源が1つであることが非常に問題なのです。

 

ある程度の貯蓄があったとしても、収入源が無くなってしまった場合は加速度的に蓄えが減ってしまいます。

そうならないためにも、収入源は複数あることが重要でないかと思います。

できれば3つ以上の収入源があれば何かあったときにも安心できるかと思います。

もちろんそれらは極力関係性が無いものを選ぶことが重要です。

現代社会は何が起きても不思議ではない世界

いきなり収入が無くなったり、激減してしまうことが平気であるのが現代社会です。

そして社会は案外、みなさんを助けてはくれません。

まさにサバイバルをしているような感じであり、生き残りをかけて日々の生活をしないといけません。

 

生き残っていくためには、例え会社が副業を禁止していようが副業をやったほうがいいです。

会社の命令なんて、まともに聞いていたらこのサバイバル時代では生き残ることができないでしょう。

例えば夫婦であるならば共稼ぎをすべきということです。

専業主婦がいいと奥さんが言っても、パートやアルバイトに行かせるべきなのです。

 

それ以外にも例えば投資などにもチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

お金を預金のままにしておくのは、非常にもったいないと思います。

もちろん損失のリスクというのもあるので、投資をする場合は十分な勉強が必要となってきます。

 

さまざまな手法で収入を増やしていく

まずは少額でもいいので、とにかく収入が増えていくことを実践しなくては前には進めません。

オークションにチャレンジしてもいいでしょうし、ハンドクラフト製品を作って売るのも悪くないと思います。

もちろん節約をするということも最重要です。

お金を湯水のように使いまくっていては意味がありません。

 

できる限りの方法を試してみることがベストだと思います。

塵も積もれば山となるという言葉があるように、少額でもいいから極力複数の仕事を作っていく作業が必要です。

仕事をゼロから作るというのは非常に大変なことですが、それが日が経つにつれ効果がじわじわと効いてきます。

 

現代社会をサバイバルしていくということ

現代社会で生き残っていくためには、上述したように複数の収入減が必要ということです。

思った以上に世間というのは助けてくれません。

本当にピンチになったときに自治体が助けてくれる保証があるとは言い切れません。

そして身内でも援助してもらえるかどうかはわからないのが、今の社会というものです。

 

グローバル化によって仕事がどんどん海外へ移転しています。

そんな中で日本国内で生き残っていくのは、今後も更に厳しくなってくると思います。

仕事を求め日本に来る外国人も増えていくことでしょう。

そうなると本当に自分が必要な人材であるのか?と不安になってくるのも当然です。

 

いつ仕事が無くなってもおかしくない時代なのです。

そんな時代でも生き残っていくには、自分で仕事を作り、複数の収入減を得ることが大事だと思います。