友達なんて必要の無い時代。いかにして友達無しにして現代社会を生きていくのか?

f:id:muralog:20150203173229j:plain

よく学校などでは友達の多い人がなんとなく立派に思えたりしてしまうことがあります。

友達がいない人は「ぼっち」なんて言われたりして、どうしても孤独なイメージがあります。

しかしながら、本当に「友達」なんて必要なのでしょうか?

 

例えば学生時代の友達がはたして大人になった今に、何人残っているでしょうか?

また「友達」だと思っていた人が、例えば恋人ができた瞬間から一切連絡が無くなるなんてことはないでしょうか?

まるで自分が裏切られたと思ってしまって、なんともいえない気分になってしまう経験があったりしたことがないでしょうか?

 

そう思うと「友達」がいることというのは、なんだか非常に空しく感じます。

そんな現代社会の中で、いかにして友達無しで生き抜くことができるのかを考えたいと思います。

 

友達なんていらないという発想があっても悪くない

ふと思うと友達がいることのリスクというのも考えることができます。

簡単にいえば、自分の時間が拘束されたり、わずらわしく思ったりしてしまうことがあります。

また、友達のために何かを考えてあげなくてはいけないということもあります。

 

そこまでしても、結局は友達が自分の元を去って行くことがあるわけです。

そう思うといったい自分は何のために彼らのためにしたのだろうと考え込んでしまうということになります。

もちろん何かを期待して友達に行動をしているわけではないと思う方もいるでしょうが、果たして本当でしょうか?

どこかに何か期待感を得て、その満足感を得ようと思ってはいないでしょうか?

 

ここまで言うと、ひとりぼっちだからひがんでいるに違いないなんて思う方もいるかもしれません。

ですが、冷静に自分を見つめてください。

本当に友達と言える、親友と言える人が何人いるでしょうか?

そしてその友達があなたを絶対に裏切ることはないと断言できますでしょうか?

 

SNSつながりの「友達」は友達ではなく「知人」

最近はLINEやFacebookなどで「友達」とつながり合う機会が増えました。

中には自分の友達の数を自慢しているような人だっています。

でも果たして1000人なんて友達は本当に必要なのでしょうか?

 

1000人クラスで友達がいると言っている人は、どうもビジネスライクな雰囲気を感じます。

あえて言うならば、それは友達なんかではなく「知人」です。

名刺の数を大量に持っていて自慢している、浅はかなサラリーマンと同じようなモノです。

本人は天狗になっていますが、見る人が見れば「ダサい」なと思ってしまうわけです。

でも本人は有頂天なわけです。

 

しかしSNSで人とつながることは、現代社会では向いているのではないかと思います。

現実社会での友達関係で苦労するくらいなら、「いいね!」程度の知人関係のほうが気楽じゃないかと思えてきます。

 

友達無しでも生きていく方法

現代社会では友達がいないとまるでダメな人間と思われてしまいがちな傾向ですが、決して恥ずかしくは無いとだけは断言できます。

現代社会は「個人」の時代ではないかと思っています。

だれか「友達」との協力関係は過去とは違って、もっとドライになっているわけです。

 

すなわち「友達」に依存しまくる体質を改善し、ドライな社会でも十分に生きていける方法を構築していかなくてはいけません。

そのためにSNSを使っていくのは別に悪くないと思います。

さまざまなSNSで自分を発信していくことにより、自分の存在を相手に「軽く簡単に伝える」ことのほうが便利であるし時代に合っていると思います。

 

自分の近況や思うことをSNSで書き込むことによって、相手に自分の存在というのを伝えることができます。

簡単にいえば「ああ、生きているのだな」とすら思ってもらえればいいわけです。

自分の近況をSNSに書いたからって、自分の時間や相手の時間がそんなに拘束されるわけでもないし、ぶっちゃけたいして迷惑にもならないです。

 

軽い依存関係で十分

現代社会での人間関係というのは、軽い依存関係すなわち「ゆるい関係」で十分なのではないでしょうか。

そのほうが人間関係で自分が悩むリスクも極力減らすことができるし、逆に相手にとっても自分という「迷惑な存在」を感じさせることを減らすことができます。

別にそれで十分ではないでしょうか?

 

すなわち近所の人だろうが海外に住んでいる人だろうが、特別関係ないSNSという世界でのつながりで問題ないわけです。

もちろん上述したように1000人も知り合いを作る必要は全く無いでしょう。

自分を知っている人に、せいぜい自分が何を思っているかとか生活がどうなのかが伝わればいいわけなのです。

 

無理に人間関係に悩むくらいなら、思い切って「友達なんていない」と割り切って行動をしてみるほうが現代社会では気楽じゃないかと思います

広告を非表示にする