読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は努力すれば必ず叶うというのは全くのウソであるけど、だからといって努力は必要な件

生きかた・考え方

f:id:muralog:20150204192957j:plain

よく成功者は「努力をすれば夢が叶う」といいます。

ですが、現実問題として努力をしていれば叶う夢と叶わない夢というのは絶対的にあるのです。

だから一概に「努力をしていれば夢が叶う」と信じ込むというのは、非常に危険な思想だと思います。

 

ぶっちゃけ「運さえあれば努力を超えてしまうことがある」とさえ言いたいです。

そして努力をしたところで絶対的に叶わない夢なんていくらでもあるということです。

要は現実を見つめる目を忘れないことです。

現実から目を背けて、夢の世界に突き進むと思わぬしっぺ返しがあると思います。

 

夢なんてどうせほとんど叶わない

例えば「歌手になって紅白に出たい」なんて夢は、ほぼ叶うことの無い夢です。

世の中のほんの数十人くらいの人が毎年紅白に出るくらいですから、世の中のほとんどのその夢を抱いている方は叶わないわけです。

だから紅白の夢なんて考えていることは、ほとんど叶うことが無いということです。

そして成功者がやたらと語りたがる「努力論」に関しては、ほとんどが自分の自慢話であって役に立ちません。

同じ事を実行したところで環境も時代も違っていれば、そのとおりになる確率は極めて低くなることでしょう。

 

経営者が言う努力論は、社員向けのメッセージである場合だってあります。

特にブラック企業の経営者なんかは「俺くらい働け!」と遠回しに言っていたり、強引に本を買わせて読ませたりして洗脳したりとろくなことがありません。

起業家の努力論ほど役に立たないものはないと、しっかりと思ってください。

 

努力を全くしないのはもっと愚か

だからといって努力をやめろというわけではありません。

あまりにもかけ離れた夢を持つのはあきらめて、現実的になり目標を設定することは悪いことではありません。

目標を持たずに生きることは空しく生きるようなもので、オススメはできません。

 

ムダな努力を避けるためにも、自分の現状を把握するということをまずはやってみるべきです。

案外、自分の現状が見えていない人というのは多いですし、その作業をやったことが無い人も結構います。

とりあえずノートなどに「自分が今できること」と「これからやってみたいこと」を羅列してみるのもいいと思います。

 

そうすることによって身の丈にあった夢というのが見えてきます。

そして身の丈にあった夢に向かって努力をしたほうが、達成感や成功体験を得ることができるはずです。

 

成功体験を重ねることによって自分が強くなる

サッカー日本代表の本田圭佑さんも子どもたちへのメッセージで言っていましたが、小さな成功体験を重ねることが大事だそうです。

小さな成功体験を重ねていくことによって、次の段階へのステップアップができるということです。

最初はものすごく小さな経験でいいから、目標を作ってそれを達成してみてください。

小さな喜びから生きる意欲が持てるのでは、ないでしょうか?

 

夢は努力すれば叶うというのは全くのウソだけど、小さな成功体験を重ねていくことはやってみるべきです。

それによって、きっと自分自身が成長するのではないでしょうか?

広告を非表示にする